中国高速鉄道でまた他人の座席占拠=中国ネット「いまだにこんなことが…」

Record China    2020年8月16日(日) 19時20分

拡大

12日、頭条新聞の微博アカウントは、中国高速鉄道で他人の座席を占拠した上、警察官の警告を無視した男が行政拘留処分を受けたと報じた。

2020年8月12日、頭条新聞の微博アカウントは、中国高速鉄道で他人の座席を占拠した上、警察官の警告を無視した男が行政拘留処分を受けたと報じた。

同アカウントによると、8日に甘粛省の天水南駅を出発したG3182号高速鉄道列車内で、男が自身の座席番号とは異なる座席に勝手に座った。この座席のチケットを持っていた別の乗客から席を空けるよう求められたが、一切応じなかったという。

男は連絡を受けた乗務員や警察官が席から移動するよう促されてもこれを拒否した上、「攻撃的な」発言をしたという。添付された動画には「動きたくない!」などと話す男が映っている。結局男は治安管理処罰法の規定により5日間の行政拘留処分を受けた。

このトラブルに、中国のネットユーザーは「じゃあ牢屋に入ってもそうやって動かないでいろよ」「これはもうブラックリスト入りだ」「5日間の拘留は少ない気がする」「罰金も科してほしかった」「ここで引き下がったらメンツが潰れると思ってテコでも動かなかったんだろうな」「いまだに座席の不法占拠があるなんて」「いったいいつの時代だよ」といった感想を残した。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携