Record China

ヘッドライン:

久保建英のビジャレアル行きに中国の“マドリディスタ”も注目!「中国にはいつになったら…」

配信日時:2020年8月11日(火) 16時50分
拡大
サッカー日本代表MF久保建英の移籍先が10日、ビジャレアルに決まった。中国のサッカーファンの間でも話題になっている。写真はビジャレアルCF公式FBより。

サッカー日本代表MF久保建英(19)のレンタル先が10日、ビジャレアルに決まった。中国のサッカーファンの間でも話題になっている。

スペイン1部リーグのレアル・マドリードに所属する久保は、2019-20シーズンのレンタル移籍先マジョルカで4ゴール4アシストと活躍。新シーズンのレンタル先としてスペイン内外の複数のクラブの名前が候補に挙がるなど、その去就が注目されていた。

中国のスポーツメディア・虎撲足球は「久保建英がビジャレアルを選んだ理由」と題する記事で、現地のスペイン人記者の見立てとして「久保は他のクラブを選ぶこともできたが、ビジャレアルで最も多くの出場時間とチャンスを得られると考えたようだ」と説明。「彼の目標はビジャレアルで活躍し、次のシーズンでレアル・マドリードのトップチームに戻ることだ」と伝えた。

中国の「マドリディスタ(レアル・マドリードの熱狂的なファン)」の間でも久保は注目の選手だ。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のレアル・マドリード公式アカウントがビジャレアルへのレンタルを伝えると、ファンからは「順調なステップアップだ」「明日の星」「頑張れ。(レアル・マドリードに)戻ってきたら中心を担ってほしい」「期待してるぞ」といった声が寄せられた。

また、「レアルはもうけた。ポジションがあれば残して使えばいいし、売るにしても高く売れる」との声や、「私たちの国はいつになったらこのレベルの選手が出てくるだろうか」との声も上がった。

久保のレアル・マドリード復帰の障害になっていると言われるのが、欧州連合(EU)圏外の外国籍選手枠。現在、登録可能な三つの枠はブラジル人選手らで埋まっているが、そのうちの1人ヴィニシウスが来シーズン中にもスペイン国籍を取得する可能性がある。実現すれば枠が一つ空くことになり、久保にとっては追い風だ。(編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング