Record China

ヘッドライン:

韓国のサムスン電子、コロナ禍でも積極投資=半導体の新工場建設にネット「応援する」

配信日時:2020年8月11日(火) 14時0分
拡大
10日、韓国・中央日報によると、サムスン電子がソウル近郊の平沢に3番目となる半導体第3生産ライン工場の建設を、早ければ来月にも着工する。資料写真。

2020年8月10日、韓国・中央日報によると、サムスン電子がソウル近郊の平沢(ピョンテク)に、3番目となる半導体第3生産ライン工場の建設を、早ければ来月にも着工する。投資金額は30兆ウォン(約2兆7000億円)以上で、平沢工場の単一ラインとしては最大規模となる見通し。

新型コロナウイルス感染症の長期化や米中貿易摩擦など危機的状況にあっても、グローバルメモリー半導体のトップ企業として、積極的な投資を敢行する。昨年完成した第2生産ライン工場もまだ稼働していないが、追加の投資で競合他社との半導体の技術格差をさらに広げる狙いがあると見られる。

新しく建設する工場の面積は、通常、二つの階に建設される半導体生産ラインと事務所など付属棟を合わせ70万平方メートル。工場の建設と設備搬入などに3~4年ほどかかり、新工場での半導体の量産が可能となるのは2023年の下半期になる見込み。

こうした果敢な先制投資は、サムスングループの事実上のトップで、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が決断したという。記事は「サムスン電子が半導体生産ラインの増設を急ぐのは、競合他社との差を維持するための布石だ。特にファウンドリー(半導体委託生産)市場1位の台湾のTSMCを追い上げるため、土台を固める戦略だ」と伝えている。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「経済が混乱しているこの時期に、うれしいニュースだ」「韓国の経済活動のために(工場建設が)大きな力になってくれることを願う」「今の時期に投資して、インフラを整えておくことは賢明な判断だ」「このような大企業の工場が地方にできるといいのだが…」「サムスンは世界を先導するグローバル企業だ。応援する」などとサムスン電子の大規模投資に期待の声が多く上がっている。

その他「李副会長は誰よりも韓国のために仕事をしている」「李副会長は経済大統領だ」などと、今回の先制投資を決断したとされる李副会長を称賛するコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング