【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

旧暦元旦の中国映画市場、いきなり興収38億円!過去最高で昨年の2倍―中国

配信日時:2014年2月2日(日) 12時53分
旧暦元旦の中国映画市場、いきなり興収38億円!過去最高で昨年の2倍―中国
画像ID  409342
1日、旧暦の元旦にあたる先月31日、中国映画市場における興業収入が2億2600万元(約38億円)に。1日あたりの数字としては過去最高となった。写真は映画「西遊記之大閙天宮」より。
2014年2月1日、旧暦の元旦にあたる先月31日、中国映画市場における興業収入が2億2600万元(約38億円)に。1日あたりの数字としては過去最高となった。捜狐網が伝えた。

その他の写真

旧暦で新年を祝う中国では、その元旦をはさんだお正月期間に新春映画がぞくぞく封切られる。今年の元旦は先月31日だったが、この日の中国国内の映画市場における興業収入は2億2600万元(約38億円)にのぼったことが明らかに。昨年2月14日、バレンタインデーに記録した1億9000万元(約32億円)を大きく塗り替え、過去最高となった。

昨年の旧暦元旦の興業収入は、1億200万元(約17億円)だった。このため、今年は2倍以上に膨れ上がった計算になる。この数字をけん引したのが、香港の3D映画「西遊記之大閙天宮」だ。公開初日の31日だけで、1億1000万元(約19億円)を稼ぎ出している。昨年の新春映画市場を席巻したのが、チャウ・シンチー(周星馳)監督の最新作「西遊:降魔篇」。こちらの初日興収は7600万元(約13億円)だったため、「西遊記之大閙天宮」が大きく上回ったことになる。

今年の新春映画の特徴は、話題作がすべて中国語映画であること。チョウ・ユンファ(周潤發)とニコラス・ツェー(謝霆鋒)主演の香港映画「澳門風雲」、韓国のバラエティー番組をリメイクした人気番組「パパ、どこ行くの?」のスピンオフ映画「「[父/巴][父/巴]去[口那]兒」などが、「西遊記之大閙天宮」に次いで数字を伸ばしている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事