Record China

ヘッドライン:

<コラム>中国・大連発リモートワークという選択はどうなのか、日本語教師の先生たちに聞いてみた

配信日時:2020年9月4日(金) 23時40分
拡大
中国・大連発リモートワークで奮闘中の日本語教師の面々:左上から右下にかけて順に、野北先生・松尾先生・キムラ先生・西山先生・睦子先生。

地球全体をすっぽりと覆ってしまったかに見える新型コロナ禍の暗雲。この暗雲がいつ去るのかは誰も知らないものの、とにかく仕事だけはしなきゃなるまい…と、最近になって改めて思う。

ところで、一体どんな仕事がコロナ禍のただ中でも可能なのか?聞けば世界でも日本でも、昨今はリモートワーク(テレワーク、つまり在宅勤務)就業者の割合が急増中だという。もっともこの点については、僕的には今さら感がないわけでもない。

というのもコロナ禍のずっと前、もう2年ぐらい前から、僕はここ中国・青島で日本語教師のリモートワークをやっているからだ。僕と一緒に日本語を学んでいる「生徒さん」というのは、中国全土から携帯やタブレットやパソコンで「受講する」あらゆる年齢層の中国の人たちである。

じゃあ「先生たち」はというと、実は世界中の日本人が日本語教師としてパソコンで「教鞭を取る」。会社(つまり日本語学校)自体は中国・大連にあって、この会社だけでも日本語教師数は既に300名を超えたそうなので、中国における日本語教育市場の規模というものをだいたいご想像いただけると思う。

いや、ちょっと待て。この中国・大連発の日本語教師のリモートワークという選択肢は、実際はどうなのか。今回機会があったので、同僚の先生方に少し本音を聞いてみた。

#以下は新型コロナ予防対策の一環として採用した、リモートインタビューの一部である。ご了承いただきたい。

――最初に先生方の居住地や、リモートワークとして日本語教師を始めたきっかけを教えてください。

野北先生(以下、野北):オーストラリアに住んでいます。家庭の都合で家で出来る仕事を探していた時に、友達の誘いで始めました。

松尾先生(以下、松尾):私はスウェーデンに住んでいて、先月帰国しました。日本語教師の資格は持っていましたが、外資系の会社で会社員をしていました。オンライン日本語教師を知ったのは、自分自身がオンライン英会話を受講していたからです。それで「オンライン英会話があるのなら、きっと日本語教師もあるはず」と思い探しました。そして、副業でオンライン日本語教師として働き始めました。

キムラ先生(以下、キムラ):ブラジルに住んでいます。以前近くの日本語学校に勤務していましたが、自分のやり方で日本語を教えたくなり、独立したのがきっかけです。

西山先生(以下、西山):元々台湾で日本語教師をしていたんですが、退職してから日本で次の仕事を探していました。次も日本語教師をするつもりではいたのですが、1.台湾で持病が悪化してしまい体力が著しく衰えていたことや、2.いずれまた日本語学校に勤務するにしても、給与水準が高い職種ではないので副業もしたいという理由でオンラインの日本語教師を始めました。

睦子先生(以下、睦子):私は北海道に住んでいますから、リモートワーク歴は長いんです。25年ほど前から、東京の仕事を個人で受けて、雑誌記事や企業のホームページを作っていました。中国からの輸入品を販売するサイトを手伝ったのがきっかけで、自分でも細々と買い付けてみたりもしていました。子供が大学受験に差し掛かり、かーちゃんもっと頑張って仕事するよ!と思った矢先、今度は同居の親が要支援になってしまいましたので、その時やっていた仕事に追加するには、やはりリモートワークしかありませんでした。

――日本語教師を選んだのは、日本語教師にこだわりがあるからでしょうか?

野北:実を言うと、『日本語教師』を始めたいと思ったことは、それまで一度もなかったんです!日本では、子ども向けの英語教室の講師をしていました。オーストラリアでも英語が母国語の幼児に日本語で教育を行ったりの体験はありましたが、ほぼ成人の生徒さん相手に日本語を教えたことはありませんでしたので、最初はかなり戸惑いました。

松尾:中学生の頃に学校にALT(外国語指導助手)の先生が来て、英語で英語を教えているのがすごく印象的でした。そして、私もいつか日本語を日本語で教えてみたいと思ったんです。

キムラ:ブラジルに来るまでは、福祉の仕事をしていました。ブラジルは日系人が多いですから、日本語の先生のニーズがあり、すぐに近所の日本語学校からお誘いがありました。まさか自分が日本語教師になるとは思ってもみなかったです。

西山:学生時代に韓国に1年交換留学をしたのですが、その時に日本語の授業を受けている友達から動詞の活用について聞かれて、よく分からなかったんです。それで、案外日本語について分からないことって多いんだな~と思ったこともきっかけになりました。それから単純に、当時は将来韓国で働きたかったので「日本語教師になれば海外で働ける!」と思ったのがきっかけです(笑)

睦子:できそうな範囲で最大限面白そうなのが日本語教師でした。文章を書く仕事をしていましたから、通販サイトでよく見かけるちょっと変な日本語も気になっていましたし、日本語の添削などの仕事もあればいいなという気持ちで応募したんです。輸入の際に、中国の女性担当者たちの圧倒的な英語力を見せつけられて、どのような人がさらに日本語まで勉強しているのか、興味もありました。

――会社(日本語学校)は日本の会社ではないですよね、不安はありませんでしたか?

野北:友達の紹介でしたので、その点についての不安はありませんでした。

松尾:不安はありませんでした。私の中で海外で日本語を教えたいという気持ちが強かったからです。でももし「今」で考えると、中国のアプリを入れるのに抵抗があるかもしれませんね。

キムラ:わたしは正直ありました。中国語が全く話せませんし、会社のシステムとかそれ以前に習慣や考え方の違いとか、日本と多少違うこともあるのでは?と思ったからです。

西山:台湾の学校にいたので、特に抵抗もありませんでした。あやしい日本語を使って求人を出している海外の学校も多い中で、今の会社(学校)は求人広告できれいな日本語を使っていたのでむしろ安心でした(笑)。

睦子:応募する際、会社名をネットで検索したり、読めないなりに中国語のホームページも一通りクリックしてみました。中国からの個人輸入の時には何度か失敗したり残念だったり悲しい思いも経験しましたが、それ以上に、仕事では冷徹(?)なのに個人のメールでは何だか温かいという中国の人たちの不思議な魅力にはまってしまったようです。大学さえ出ていれば資格を問わずに採用してくれるという会社の太っ腹さに飛び込んでみた感じです。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング