Record China

ヘッドライン:

海外メディアがサムスンの新スマホを「時代にふさわしくない」と評価、韓国ネットが反論

配信日時:2020年8月8日(土) 7時50分
拡大
6日、韓国・聯合ニュースは、サムスン電子が発表したGalaxyシリーズ新製品の海外での評価について報じた。写真はサムスンのスマートフォン。

2020年8月6日、韓国・聯合ニュースは、サムスン電子が発表したGalaxyシリーズ新製品の海外での評価について報じた。

記事によると、サムスン電子は5日に「Galaxy Note20」と「Galaxy Note20 Ultra」を発表した。サイズはそれぞれ6.7インチ、6.9インチでタッチスタイラスSペンが付いてる。

これを受け、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は同日付の品評記事で「過ぎ去った時代(パンデミック前の日常)には素晴らしいスマートフォン」とし、「通勤電車、会議室、空港の荷物受取所を使っていた時代には、情報通信(IT)大手企業がタブレットコンピューターと勘違いするほど大きなスマートフォンを打ち出していた」と説明。その上で「このような『ファブレット(=携帯とタブレットの合成語)のおかげで常にデスクトップの生産性を得ることができたが、リビングから寝室まで移動する時代が人類史上最も長くなった現時点において、そんなモバイルパワーが必要なのか疑問」と指摘。さらに「パンデミック時代にふさわしくない」価格帯にも注目したという。

米ITメディアのシーネット(CNET)も「何でもできる華麗で洗練された機械になるだろう」とし、デザイン面でも「ギリシャ神話の人物を連想させる」と評価した。しかしWSJと同様、新型コロナウイルス感染の影響を指摘して「命が危険にさらされ、世界的な景気低迷が始まった状況で、最低価格モデルが1000ドル(約10万6000円)の高級スマートフォンが必要か分からない」と伝えたという。

この評価を見た韓国のネットユーザーからは「パンデミックだからって電話もネットも使わないの?買う人は買う」「家ではパソコンばかり使うって?スマホで動画やゲーム、ネットサーフィンする人の方が多い」「どうせサムスン電子に対するコンプレックスでしょ。フォルダーフォンが初めて出た時もそうだった」など反論が続出している。

一方で「ノート9を使ってるけど良くない。20はパスかな」「5Gはまだ安定してないから、LTEで出てほしい」「しばらく待って、反応を見てから中古で買うつもり」「本体価格の値下げをお願いします」「もしくは料金プランを安くして」などの声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング