Record China

ヘッドライン:

中国人選手として27年ぶりJ1クラブ試合に先発出場の王嘉楠、カズに削られ交代―中国メディア

配信日時:2020年8月6日(木) 18時20分
拡大
中国メディアの網易体育は5日、中国人選手として27年ぶりにJ1クラブの試合にスタメン出場したサガン鳥栖のDF王嘉楠が、横浜FCの元日本代表FW三浦知良に削られて負傷交代となったと報じた。資料写真。

中国のスポーツメディアの網易体育は5日、中国人選手として27年ぶりにJ1クラブの試合にスタメン出場したサガン鳥栖のDF王嘉楠(27)が、横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)に削られて負傷交代となったと報じた。

記事によると、王嘉楠は5日に行われたJリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節で、1993年にガンバ大阪でプレーしたDF賈秀全氏以来27年ぶりにJ1クラブの試合にスタメン出場した。

記事は、試合開始早々に、カズが王嘉楠の後ろから激しいスライディングをしたシーンを動画で紹介し、「残念なことに、王嘉楠は前半35分に負傷のため交代となり、J初スタメンの試合は早々と終わってしまった」と伝えた。

これについて、中国のネット上では「カズがまだ現役でプレーしていることに驚き」「親子ほどの年の差」「父親と同年代の選手に削られて交代させられるなんて情けない」「カズの前では27歳の王嘉楠もひよっこ」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング