Record China

ヘッドライン:

一人暮らしの高齢者が家で転倒し水も飲めず4日間、洗面器で床をたたき救助される―中国

配信日時:2020年8月7日(金) 19時50分
拡大
5日、中国メディアの新快報によると、家の中で転倒し4日間床に倒れていた一人暮らしの高齢者が洗面器で床をたたいて助けを求め、隣人の通報により救助されるという出来事があった。

2020年8月5日、中国メディアの新快報によると、家の中で転倒し4日間床に倒れていた一人暮らしの男性高齢者が洗面器で床をたたいて助けを求め、隣人の通報により救助されるという出来事があった。

記事によると、中国安徽省蚌埠市で一人暮らしをするこの高齢者は、不注意により家の中で転倒し、誰にも気づかれることなく4日間床に倒れていた。この間、水を一滴も飲んでいなかったという。最終的に洗面器で床をたたいて助けを求め、7月31日昼ごろ、隣人の通報により救助された。その後すぐに娘も駆けつけたが、20日間父親に会いに来ていなかったという。

通報を受けた消防職員は家族の許可を得てドアを開け、リビングとバルコニーのドアのレールの上にこの高齢者が横たわっているのを発見した。そばには洗面器があったという。また、背中には蚊に刺された跡がいくつもあったという。

消防職員はこの高齢者に服を着せ、布団を使って寝室に運んだ。高齢者は消防職員が買って来たミネラルウォーターを両手で持ち、ほぼ一本をゴクゴクと飲み干したという。時間をかけ落ち着くとようやく布団の上に座り、救援隊に礼を述べたという。

駆けつけた娘に警察はたびたび様子を見に来るようにと伝え、もし隣人が発見しなければ大変なことになっていたと話した。

記事は、この一件は年老いた親を持つ人たちに「常日頃から様子を見に帰らなければ、後悔することになる!」と注意を促したと締めくくった。(翻訳・編集/多部)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング