症状あっても出勤していた日本人が6割、中国ネット「理解不能」「本当なら恐ろしいこと」

Record China    2020年8月5日(水) 17時20分

拡大

新型コロナウイルスが流行していた今年2~5月に、症状がありながら仕事に行っていた日本人が6割に上ったとの調査結果が中国で報じられ、物議を醸している。

新型コロナウイルスが流行していた今年2~5月に、症状がありながら仕事に行っていた日本人が6割に上ったとの調査結果が中国で報じられ、物議を醸している。

東京医大の町田征己助教らの研究チームが医学誌で発表したところによると、今年5月に関東地方在住の20~79歳の男女1226人を対象に行ったインターネット調査で、体調不良があったと答えた82人のうち6割強が仕事に行っていたことが分かった。病院へ行く以外の外出を控えた人は17%にとどまったという。

中国メディアの環球網は5日付の記事でこれを伝え、「日本政府は、症状がある人は出勤を控えるよう呼び掛けていたが、調査結果からこの呼び掛けが重く受け止められていなかったことが明らかになった」と指摘。この結果について日本のネットユーザーから「会社はそう簡単に休ませてはくれない」「日本人は周囲の目を気にして休めない」といった声が上がっていると伝えた。

一方、中国のネットユーザーからは「仕事狂だな」「社畜」「理解不能」「もし本当なら恐ろしいことだ」「神風特攻隊みたい」「命を捨てても金を稼ぎたいのか」「これぞ匠(たくみ)の精神」といったコメントが寄せられた。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携