Record China

ヘッドライン:

日本に透ける公衆トイレが登場、中国で大注目=「安心できない」「日本のトイレは…」

配信日時:2020年8月4日(火) 19時20分
拡大
3日、中国版ツイッター・微博で、日本にガラス張りの公衆トイレが出現したことが紹介され、注目を集めた。

2020年8月3日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本にガラス張りの公衆トイレが出現したことが紹介され、大きな注目を集めた。

新華網、頭条新聞、Vista看天下など、複数の中国メディアの微博アカウントは3日、東京にある公園で壁が透明な個室の公衆トイレが出現したことを市民が発見したと紹介。このトイレは中に人がいないと壁が透明で中が丸見え状態となり、人が入ってカギをかけると透明部分にスモークがかかり中が見えなくなると説明し、その様子を撮影したネットユーザーの動画を転載している。

そして、このトイレが設置された経緯や目的、仕組みについて施工業者が詳細を明らかにしていないにもかかわらず、ネット上で「不審者の潜伏を避けるために30分経過すると自動で透明になる」などといったうわさが飛び交っていることを伝えた。

この珍しいトイレの出現に、中国のネットユーザーは「とても奇抜だけれど、どうしても外から見られているような気がして実際には使えないかも」「安心して用を足せないな」「途中でスモークが晴れてしまったらどうなるのか」「スモークがかかっていても、中の人の大まかな動作が見えてしまわないのか。見えてしまうなら、気まずいなあ」「日本のトイレはきれいだし、デザインもいいよね」といったコメントを残している。

また、「30分経過したら自動で透明になる」という不確かな情報に食いつくユーザーが多く見られ、「30分で透明になるっていう注意ポイントが好き」「便秘の人には厳しいかも」「30分で解決できない人は、一度ズボンを履いて外に出ないといけないのか」といったコメントが寄せられた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

日本の病院のトイレに感嘆!中国のトイレに足りないのは紙だけじゃなかった―中国メディア

1日、騰訊網は、「中国ではどうして病院のトイレにトイレットペーパーが備え付けられていないのかと議論になっているが、日本の病院のトイレを見たら足りないのは紙だけではなかった」とする記事を掲載した。写真は日本のトイレ。

Record China
2018年8月3日 8時20分
続きを読む

ランキング