渡辺直美が絶世の美女・貂蝉役=中国ネット「新解釈すぎる」「董卓かと思った」「逆に楽しみ」

Record China    2020年8月3日(月) 13時20分

拡大

日本で12月公開予定の映画「新解釈・三國志」の新キャストが3日発表され、絶世の美女で歌舞に優れた架空の女性、貂蝉をお笑いタレントの渡辺直美が演じることが、中国でも注目されている。資料写真。

日本で12月公開予定の映画「新解釈・三國志」の新キャストが3日発表され、絶世の美女で歌舞に優れた架空の女性、貂蝉(ちょうせん)をお笑いタレントの渡辺直美が演じることが、中国でも注目されている。

「新解釈・三國志」は、中国の後漢末期に群雄が割拠し、魏・呉・蜀の三国が鼎立する時代へと続く興亡史「三国志」を、「コメディ界屈指のヒットメーカー」福田雄一監督が新たな解釈で描く作品。大泉洋が蜀の劉備(りゅうび)役で主演を務める。

これまでに、蜀の天才軍師・諸葛亮(しょかつりょう)をムロツヨシ、後漢王朝の相国(しょうこく、宰相のこと)として専横を極めた董卓(とうたく)を佐藤二朗、董卓の配下で猛将の呂布(りょふ)を城田優が演じるなど、主要キャストが順次発表されるたびに、「三国志の本場」中国のネット上でも話題となっていた。

董卓と呂布を手玉に取った貂蝉を渡辺が演じることについて、中国SNS微博(ウェイボー)上の反応を見ると、「新解釈すぎる」「重量級」「董卓役かと思った」などと驚きの声が上がっていた。

2017年に中国全土でも公開された実写版映画「銀魂」や、中国のレビューサイト・豆瓣による2018年に人気と評価が高かった日本ドラマのランキングで2位となった実写版テレビドラマ「今日から俺は!!」など、福田氏の作風は中国でもよく知られているようで、「監督の作品を観たことがある人なら、渡辺直美が貂蝉を演じても驚かないと思う」と指摘する人もいた。

また、「振り返るだけで董卓を圧死させそう」「どんな展開になるか逆に楽しみ」「日本人はなぜこれほどまでに三国志が好きなのか」などのコメントも寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携