Record China

ヘッドライン:

酷暑の中で感染症対策の完全閉鎖型管理実施 上海浦東空港

配信日時:2020年8月1日(土) 17時40分
拡大
新型コロナウイルス感染症の予防・抑制が常態化し、中国民用航空局(民航局)が中国に入国する航空便の政策を調整するのにともない、上海で入国する航空便が徐々に増え、海外からの輸入症例の阻止にかかる圧力が増大し続けている。

新型コロナウイルス感染症の予防・抑制が常態化し、中国民用航空局(民航局)が中国に入国する航空便の政策を調整するのにともない、上海で入国する航空便が徐々に増え、海外からの輸入症例の阻止にかかる圧力が増大し続けている。酷暑と感染症予防・抑制という二重の試練の中、上海浦東国際空港の入国エリアでは、輸入症例を阻止する共同対策機関の税関、出入国検査、空港の第一線のスタッフたちが、それぞれの持ち場につき、空の玄関をしっかり守っている。中国新聞網が伝えた。(編集KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング