Record China

ヘッドライン:

大韓航空機、離陸前に衝突事故起こすも日本まで運航=韓国ネット「不安で乗れない」

配信日時:2020年8月3日(月) 9時50分
拡大
31日、韓国・マネートゥデイは「2018年に大韓航空機がエンジンに問題が生じた状態のまま日本まで運航していた事実が摘発された」と伝えた。写真は大韓航空機。

2020年7月31日、韓国・マネートゥデイは「2018年に大韓航空機がエンジンに問題が生じた状態のまま日本まで運航していた事実が摘発された」と伝えた。

記事によると、仁川(インチョン)国際空港機関運営監査の結果、2017~18年に仁川国際空港内で航空機とタラップの衝突事故1件、航空機の誘導路への無断進入8件が発生していたことが分かった。この9件は義務報告対象の航空安全障害に分類されるが、仁川国際空港公社と航空会社は国土交通部に報告していなかったという。

このうち「航空機とタラップの衝突事故」は18年4月6日、大阪行き大韓航空機で発生したものだが、この事故で航空機のエンジンの空気吸入口カバーが損傷したにもかかわらず、当該航空機はそのまま大阪まで運航していたという。大韓航空は大阪到着後に損傷を発見し、仁川国際空港公社に確認を要請。衝突を起こしていたことを伝えられたが、国土交通部には「日本到着後に事故が発生した」とうその報告をしていた。公社からは事故について報告しなかったという。

監査院は「公社社長に対し、二度と報告を怠ることがないよう業務を徹底を求めた」としている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「事故が起きなくてよかったけど、責任者は処罰しないと」「不安で飛行機に乗れないよ。航空会社も空港も処罰を」「玄界灘に水葬されるところだった。機長をはじめ当時の関係者を全員逮捕して調べるべきだ」「大韓航空の免許を取り上げるべき。韓進グループに航空会社の運営を任せてはいけない」などの厳しい声が殺到している。

また「われわれが知らないだけで、実はこういうことってたくさんあるんだろうな」「監査院長は何をしているのか。税金がもったいない」などの声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「いい気になっていた」仁川国際空港、サービス評価1位も乗り換え率は下降傾向=「東アジアのハブには不向き」「原因を探さないと」―韓国ネット

14日、韓国・ノーカットニュースは、仁川国際空港が「空港サービス満足度」で10年連続1位を占めていたが、「乗り換え率」は最下位レベルにとどまっていると報じた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は仁川国際空港。

Record China
2015年9月16日 5時40分
続きを読む

ランキング