Record China

ヘッドライン:

日本が「ファイブアイズ」に加わっても中国への影響は大きくない―中国専門家

配信日時:2020年8月2日(日) 12時50分
拡大
31日、中国メディアの環球網によると、中国の専門家は、米国を中心とした5カ国による機密情報ネットワーク「ファイブアイズ」に日本が加わっても中国への影響は大きくないとの見方を示した。資料写真。

2020年7月31日、中国メディアの環球網によると、中国の専門家は、米国を中心とした5カ国による機密情報ネットワーク「ファイブアイズ」に日本が加わっても中国への影響は大きくないとの見方を示した。

記事は、英紙ガーディアンの報道を基に、河野太郎防衛相が先週、英国で行われた中国研究グループの勉強会に(オンラインで)参加した際、「ファイブアイズが日本の加入を招待するなら、日本はこの決定を歓迎する」と表明したことを紹介し、英国のトゥゲンハート下院議員が河野防衛相の「シックスアイズ」の提案について歓迎の意を示したと伝えた。

記事によると、これについて復旦大学国際問題研究院の呉心伯(ウー・シンボー)院長は、「米国が日本を取り込んで中国に対応することは別に新鮮なことではなく、冷戦終結後からすでに始まったことだ。これまではこっそり行っていたのを、今では大っぴらに行うようになっただけだ」との見方を示した。

呉氏は続けて「日本が本当に『6番目の目』になったとしても、中国への影響は大きくない」と分析。「日米間の情報交換はもともと緊密であり、日米韓で交換する情報は一つが朝鮮半島に関すること、もう一つは中国に関することだ。日本が6番目の目になるならば、他の4カ国との交流がさらに密になるが、米国との情報交換には大きな変化はない」とした。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング