【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

新明解国語辞典の「恋愛」の解説文に、ネットユーザーが大興奮=「萌える!」「『合体』って…!?」―中国

配信日時:2014年1月28日(火) 23時19分
新明解国語辞典の「恋愛」の解説文に、ネットユーザーが大興奮=「萌える!」「『合体』って…!?」―中国
画像ID  408811
28日、日本の新明解国語辞典の「恋愛」という言葉の説明文が、中国のインターネット上で話題を集めている。写真は新明解国語辞典第7版。
2014年1月28日、日本の新明解国語辞典の「恋愛」という言葉の説明文が、中国のインターネット上で話題を集めている。

その他の写真

あるネットユーザーは、中国の「新華字典」では「恋愛」という言葉の説明文は「男女が互いに慕わしく愛し合うこと」としか書かれていないと指摘。お隣の国、日本の新明解国語辞典の「恋愛」の説明文(中国語)を紹介した。

「特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持を持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる(まれにかなえられて歓喜する)状態」(新明解国語辞典 第4版 1989年)

「特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した気分で、二人だけで一緒にいたい、精神的な一体感を分かち合いたい、出来るなら肉体的な一体感も得たいと願いながら、常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり、まれにかなえられて歓喜したりする状態に身を置くこと」(新明解国語辞典 第5版 1997年)

「特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔いないと思い込むような愛情をいだき、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい二人だけの世界を分かち合いたいと願い、それが叶えられたといっては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと」(新明解国語辞典 第6版 2005年)

この説明文に、中国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。

「何これ、おもしろすぎる」
「1冊欲しい」

「説明がすごく実用的!」
「すごく萌える辞書。恋愛の項目はすごく正しい」

「『新華字典』はまったく味気がない」
「学生時代にこんな辞書があれば、今ごろきっと含蓄のある言い回しができていただろう。中国の“男のような女”の出現は『新華字典』と大いに関係がありそうだ」

「『異性』はまだ残っているのね」
「子どもに持たせられないよ」

「日本はいつも『合体』を望んでいるのか」
「『肉体的な一体感』って…」(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事