Record China

ヘッドライン:

日本、F-35調達する一方でF-15Jを近代化改修―中国メディア

配信日時:2020年7月31日(金) 9時20分
拡大
環球網は、日本が最新鋭ステルス戦闘機F-35を調達すると同時に旧式のF-15Jを近代化改修すると報じた。写真はF-15J(出典:航空自衛隊 https://www.mod.go.jp/asdf/)

中国共産党系の環球時報のニュースサイト「環球網」は30日、日本について「(最新鋭ステルス戦闘機)F-35を調達すると同時に旧式のF-15Jを近代化改修する」と報じた。

記事はまず、航空分野のニュースや情報を提供する英フライトグローバルの29日付報道を引用する形で、米ボーイングと三菱重工業がこのほど、航空自衛隊が運用するF-15J戦闘機の近代化改修に向けた契約を結んだと紹介。「ボーイングは改修に必要な図面や地上支援機器、技術資料などを三菱重工側に提供し、三菱重工は2022年から98機を改修する予定だ」と伝えた。

そして、「これに先立ち、米国務省は日本にF-35ライトニングIIステルス戦闘機を計105機売却することを承認した」とし、「契約総額は231億1000万ドル(約2兆4284億円)に上る。日本が保有するF-35の総数は米国に次いで多い147機となる」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング