Record China

ヘッドライン:

中国、昨年1億トン級油田2カ所新たに増加―中国メディア

配信日時:2020年7月31日(金) 8時50分
拡大
中国では2019年に1億トン級油田2カ所が新たに加わった。
(1/2枚)

中国自然資源部が29日に発表した「全国石油・天然ガス資源調査・採掘報告(2019年度)」によると、中国の石油・天然ガス調査には多くの重要な進展があり、確定埋蔵量が大幅に増加した。新たに2カ所の1億トン級油田、3カ所の1000億立方メートル級の天然ガス田、3カ所の1000億平方キロメートル級のシェールガス田が見つかった。同時に石油・天然ガス調査・採掘投資額が大幅に増加し、探査投資額が過去最高を更新した。経済日報が伝えた。

その他の写真

データによると、中国の2019年の石油の新規確定埋蔵量は前年比17.2%増の11億2400万トン。うち新規確定埋蔵量が1億トン以上の盆地はオルドス盆地、ジュンガル盆地、渤海湾盆地(海域を含む)の3カ所。新規確定埋蔵量が1億トン以上の油田はオルドス盆地の慶城油田、ジュンガル盆地の瑪湖油田の2カ所。

天然ガス新規確定埋蔵量は同2.7%減の8090億9200万立方メートル。うち新規確定埋蔵量が1000億立方メートル以上の盆地はオルドス盆地、四川盆地の2カ所。新規確定埋蔵量が1000億立方メートル以上のガス田はオルドス盆地の靖辺ガス田と蘇里格ガス田、四川盆地の安岳ガス田の3カ所。

シェールガスの新規確定埋蔵量は同513.1%増の7644億2400万立方メートル。新たに増加した埋蔵量は中国石油の四川盆地に位置する長寧シェールガス田、威遠シェールガス田、太陽シェールガス田、及び中国石化の四川盆地位置する永川シェールガス田によるものだ。うち中国石油の3カ所のシェールガス田の新規確定埋蔵量はいずれも1000億立方メートル以上。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ファーウェイ排除で「日本はジレンマに陥る」と中国メディア、「米国に追随しても割に合わない」とも

米国が排除を進める中国の通信機器大手・ファーウェイをめぐり、中国メディアは「日本がジレンマに陥る」と伝えた。「米国に追随しファーウェイの制裁に加わっても経済的に割に合わない」などと論評している。資料写真。

Record China
2019年4月21日 14時40分
続きを読む

石油会社2社が衝突=スコップやこん棒で乱闘、火炎びん投げるなどで負傷者発生、背景に中央と地方の対立―中国

陝西省楡林市綏徳県内で8月31日から9月1日にかけて、石油会社2社の職員の衝突が発生した。2枚目の写真では、地面に倒れている人の姿も見える。延長石油の職員(赤い服)が長慶油田の施設を襲撃し、保安員(黒い服)が応戦したとみられる。

Record China
2018年9月3日 23時20分
続きを読む

ランキング