Record China

ヘッドライン:

<サッカー>スペインメディアが中国エースのプロとしての素養を称賛―中国メディア

配信日時:2020年7月30日(木) 21時0分
拡大
29日、中国メディアの観察者網は、サッカーのスペイン1部から2部への降格が決定したRCDエスパニョールに所属する中国代表FW武磊について、現地メディアが称賛したと報じた。写真は武磊。

2020年7月29日、中国メディアの観察者網は、サッカーのスペイン1部から2部への降格が決定したRCDエスパニョールに所属する中国代表FW武磊(ウー・レイ)について、現地メディアが称賛したと報じた。

記事は、「リーガ・エスパニョーラがすでに今季のリーグ戦全日程を終えた一方で、名門クラブに所属する多くの選手による規律を乱すような行為をめぐる議論が今なお続いている」と伝えた。

その上で、スペインメディアのエル・コンフィデンシャルで28日に掲載された同リーグ選手の職業道徳問題に関するコラムニストの文章を紹介。同コラムニストは、ユベントスへの移籍を決めて以降、バルセロナとの残りの契約履行を拒否する態度を見せたMFアルトゥール、レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルといった名前を挙げ、「多くの選手がクラブから巨額の給料をもらって『ボス気取り』でいる。傲慢(ごうまん)で他人をリスペクトしない、自己中心主義者になっている選手がいる」と批判した。

一方で、このコラムニストは武磊を「謙虚で責任感あるプレーヤー」の例として挙げ、「エスパニョールの武磊は『クラブが降格しても移籍しない。移籍は気がとがめるし、再昇格の力になりたい』と語った。これによりサポーターの心をつかむとともに、謙虚さと責任感に満ちた選手がまだいるということを、ファンに知らしめたのである」とたたえたという。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング