Record China

ヘッドライン:

韓国はトランプ政権の「反中国」呼び掛けに抵抗する決意―米メディア

配信日時:2020年7月30日(木) 19時0分
拡大
中国共産党系の環球時報によると、米外交専門誌ナショナル・インタレストは27日付の記事で、「韓国はトランプ米政権の『反中国』の呼び掛けに抵抗する決意だ」と報じている。写真は韓国大統領府。

中国共産党系の環球時報によると、米外交専門誌ナショナル・インタレストは27日付の記事で、「韓国トランプ米政権の『反中国』の呼び掛けに抵抗する決意だ」と報じている。以下はその概要。

冷戦終結後に外交関係を樹立した韓国と中国は、2016年に韓国が米国の高高度防衛ミサイル(THAAD)を受け入れたことによる危機が発生するまで、着実に絆を深めてきた。

だがたとえそうであっても、韓国は、トランプ米政権からの大統領選を念頭に置いた中国および中国共産党に対する反対キャンペーンの求めに抵抗する決意だ。韓国は中国の敵になることに無関心だ。

韓国は、トランプ政権から中国政府に反対するキャンペーンに参加するよう強い圧力を受けているが、文在寅(ムン・ジェイン)政権はこれまでのところそれに抵抗し、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)や他の中国企業への半導体販売禁止に反対し、中国の香港政策に対する非難を拒んでいる。

米国政府からの反応は標準的なトランプ式で、すなわちイランに対する「最大限の圧力」に欧州諸国を引き入れる試みに失敗した時と同様に、要求を繰り返し、要求を重くするというものだ。韓国の外交官は、そうしたアプローチが韓国の利益を脅かすものであることを米国政府が認めないことに不満を表明している。当然のことながら、米国政府は常に北朝鮮との議題を管理し、韓国が無意識のうちに米国の指示に従うことを期待している。

韓国が独自の政策を打ち出そうとしていることは、中国に対抗することが最高かつ唯一の賢明な政策であると考えるタカ派のアナリストに衝撃を与えている。

韓国が米中間で選択を迫られたのは今回が初めてではないが、韓国の優先事項は中国を恒久的な敵対国にしないことだ。中国は常に隣国である。韓国が中国を攻撃する敵対勢力を支援した場合の中国の反応を想像してみてほしい。

韓国が米国と共に中国に対抗するという米国政府の傲慢(ごうまん)な仮設は、米国が朝鮮半島に軍隊を維持しなければならないという長年の議論を反映しているが、まだそのような仮設を支持する韓国の当局者に会ったことはない。

韓国は、中国に対抗する友好国を徴集しようとする米国の試みを拒否する唯一の国ではない。特にポンペオ米国務長官が先週行ったような中国攻撃によるメリットは、中国政府を怒らせること以外には何もない。だがそれは恐らく、中国に有益な政治的対応をとらせることを望んでいる国務長官の目標なのだろう。

米国の当局者が認識しなければならないのは、地球上のすべてが米国に関係しているわけではなく、すべての国が自分たちがどのように行動すべきかについて米国が決定するのを待っているわけでもないということだ。韓国はその典型的な例だ。韓国政府は、激しさを増す米中対立の中で自らの安全保障を犠牲にすることを望んでいない。米国政府は、韓国に支援を求めると同時に、韓国が暴れ回る2頭のゾウの間に挟まれることのないよう努める必要がある。それは、米国が70年以上も緊密な民主主義の同盟国と友人のためにできることだ。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング