Record China

ヘッドライン:

中国人は何歳で定年退職したい?ネットアンケートがおもしろい結果に

配信日時:2020年7月29日(水) 16時40分
拡大
中国で定年退職について聞いたネットアンケートが興味深い。

中国で定年退職について聞いたネットアンケートが興味深い。

複数の中国メディアは28日、家電販売大手のノジマが全社員を対象に80歳まで働ける制度を導入したことを報じ、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のランキングでも関連ワードがトップ10に入るなど大きな注目を集めた。

これに関連して、中国メディアの毎日経済新聞は28日、微博ユーザーを対象に何歳ごろまで働きたいかを問うネットアンケートを実施。選択肢は「50~60歳」「60~70歳」「70歳以上」「体が続く限り退職したくない」の4つだ。

投票は29日正午現在も続いているが、これまでに5万3000人ほどが回答し、そのうち約78%が「50~60歳」を選択している。以下、「60~70歳」が約12%、「体が続く限り」が約8%、「70歳以上」が約2%となっており、早期に退職したい人が圧倒的多数だ。

ネットユーザーのコメントも印象的で、共感度が高い順に「30歳で定年退職したい」「お金があれば明日にでも実家に帰る」「(アンケートに)50歳以下という選択肢がないのはなぜだ?」「仕事のポストは若い人に譲るよ」が並び、「今すぐに退職したい」との声も少なくなかった。アンケートの結果も含め、できれば働きたくないと考える中国人が多いようだ。

中国の定年退職年齢は1978年に定められた現行法で、男性が60歳、女性が50~55歳と決められているが、政府は段階的に退職年齢を引き上げる方針を示している。(編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング