Record China

ヘッドライン:

安倍首相“土下座像”に「国際礼譲というものがある」と韓国政府、一部で反論も

配信日時:2020年7月29日(水) 11時20分
拡大
28日、韓国・ニュース1によると、韓国の植物園が慰安婦像の前で安倍首相とされる男性が謝罪する像を設置したことについて、韓国政府は「国際社会には国際礼譲というものがある」との立場を示した。写真はソウル。

2020年7月28日、韓国・ニュース1によると、韓国の植物園が、慰安婦像の前で安倍晋三首相とされる男性がひざまずいて謝罪する像を設置したことについて、韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は定例会見で「国際社会には国際礼譲というものがある」とし、「どの国であれ、外国の指導者級の人に対して礼遇を考慮する必要がある」との立場を示した。

問題の像は、江原道(カンウォンド)平昌(ピョンチャン)の韓国自生植物園内に設置されている。

金報道官は上記の立場を示しつつ、「政府と無関係の民間レベルの問題に具体的な言及は差し控えたい」とも述べたという。これに対し一部からは、民間の私有地に置かれた造形物に対してまで政府が「国際礼譲」を掲げて問題提起することができるのかという反論も出ているという。

外交部当局者は、「私有地内の造形物に対し、政府が措置を取る方法があるのか」との質問に「法を綿密に調べる必要がある。専門家や関係部処の諮問を受けることも可能だ」と答えたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「外交部は親日であることを自白した」「民間がやってることに、なぜ口を挟むのか。外交部は自分の仕事をせよ」「自分の目には安倍首相に見えない。だから問題ない」「礼遇は国がやればいい。個人に対して要求するものではない」「日本は韓国大統領を冒とくしなかったというのか?あらゆるメディアと手段を使って冒とくしただろうに」などのコメントが殺到している。

一方で、「自分は日本が好きではないけど、これはちょっとね」「幼稚な行動には断固反対する。安倍首相は単なる一個人ではないのだから」など、「やり過ぎ」と主張する声も多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング