インド、追加で47の中国アプリを禁止、275のアプリを調査へ―中国メディア

Record China    2020年7月28日(火) 12時50分

拡大

中国の複数のメディアによると、インド政府はこのほど、中国企業が開発した59のモバイルアプリの使用を禁止したのに続き、さらに47のアプリを禁止し、275のアプリも調査対象リストに加えたという。資料写真。

中国の複数のメディアは28日までに、海外メディアの報道を引用する形で、インド政府が先月、インドの主権や安全、個人情報を脅かしているとして、中国企業が開発した59のモバイルアプリの使用を禁止したのに続き、さらに47のアプリを禁止し、275のアプリも調査対象リストに加えたと報じている。

インド政府は先月、短編動画投稿アプリのTikTok(ティックトック)やメッセージアプリの微信(ウィーチャット)など中国企業が開発した59のモバイルアプリの使用を禁止すると発表していた。

中国国営新華社通信系、参考消息の28日付報道によると、仏AFP通信は27日、インド情報技術省の関係者の話として、「インドは、国家安全保障と個人情報に対する懸念から、59の中国のモバイルアプリを禁止してから数週間後に、さらに47の中国のモバイルアプリを禁止した」と伝えている。

関係者によると、命令が出たのは24日のことで、47のモバイルアプリの多くは、先に禁止されたアプリの「クローン版」だという。

また、中国共産党系、環球時報の27日付報道によると、インド紙エコノミック・タイムズは27日、消息筋の話として、インド当局は、騰訊(テンセント)のバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」や小米(シャオミ)の短編動画投稿アプリ「Zili」、阿里巴巴(アリババ)の海外向け通販アプリ「AliExpress」など275の中国のモバイルアプリについて調査し、インドの国家安全保障や個人情報を脅かす行為の有無について判断すると伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携