Record China

ヘッドライン:

ベトナム、野生動物取引を禁止―独メディア

配信日時:2020年7月28日(火) 6時0分
拡大
独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは26日、「中国当局が野生動物市場の取り締まりを表明したのに続き、ベトナムも野生動物および関連製品の取引禁止を宣言した」と報じた。写真はセンザンコウ。

独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは26日、「新型コロナウイルスの感染拡大後、アジアの国々における野生動物の取引と消費に再び批判と警告の声が上がる中、中国当局が野生動物市場の取り締まりを表明したのに続き、ベトナムも野生動物および関連製品の取引禁止を宣言した」と報じた。

記事によると、ベトナム政府は23日、新型コロナの感染拡大のリスクを下げるため、同日から野生動物の取引を禁止するとの政令に、同国のグエン・スアン・フック首相が署名したことを明らかにした。

政令により、国内全域で、生きた野生動物および野生動物由来製品の輸入や野生動物の密猟、オンライン販売を含む野生動物の取引が禁止され、野生動物を違法に売買する市場が閉鎖される。

ベトナムは、センザンコウのうろこや象牙などの野生動物違法製品のアジアにおける重要な目的地となっている。ベトナムではまた、サイの角は医学的価値があると信じられている。

ベトナムの14の動物保護団体は今年2月、政府に連名で書簡を送り、野生動物を違法に売買する市場の確認と閉鎖を求めていた。

新型コロナの感染拡大後、隣国の中国も、野生動物の取引と消費を禁止すると約束している。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ベトナム、象牙とセンザンコウのうろこ計8トン押収=野生動物保護組織「目的地は中国」

6日、米自由アジア放送の中国語版サイトは、ベトナムでこのほど象牙と絶滅危惧種に指定されている哺乳類「センザンコウ」のうろこ計8トンが押収されたことについて、野生動物保護組織の関係者が「目的地は中国だ」と指摘していると報じた。写真はセンザンコウ。

Record China
2018年10月7日 22時40分
続きを読む

ランキング