Record China

ヘッドライン:

北朝鮮・開城市で新型コロナ感染者発生か=金正恩氏、当該地域に非常事態宣言―中国メディア

配信日時:2020年7月26日(日) 11時20分
拡大
中国中央テレビの26日付報道によると、北朝鮮南西部の国境沿いの都市、開城市で新型コロナウイルスの感染疑い例が1例見つかった。写真は開城市。

中国中央テレビ(CCTV)のニュースサイトは26日、「北朝鮮南西部の国境沿いの都市、開城(ケソン)市で新型コロナウイルスの感染疑い例が1例見つかった」とし、「金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が25日に緊急招集した朝鮮労働党中央政治局の会議で、当該地域に非常事態を宣言した」と報じた。

北朝鮮の朝鮮中央通信の26日付報道を引用して伝えたもので、それによると、新型コロナウイルスに感染した疑いのある人物は3年前に韓国へと逃亡し、19日に軍事境界線を超えて北朝鮮に戻った。上気道分泌物と血液に対する検査でウイルスに感染したと疑われる結果が出たという。

開城市は24日に完全封鎖された。金正恩氏は25日の会議で、当該地域に非常事態を宣言し、国家非常防疫体制を「最大非常体制」に転換すると表明した。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング