Record China

ヘッドライン:

中国の5Gユーザーが1億人を突破―仏紙

配信日時:2020年7月27日(月) 20時20分
拡大
25日、星島環球網は、仏紙レゼコーの記事を引用し、中国の5Gユーザーが1億人を突破したと伝えた。

2020年7月25日、星島環球網によると、中国の5Gユーザーが1億人を突破した。

記事は仏紙レゼコーの記事を引用。「中国の通信事業者が提供したデータによると、中国の5Gユーザーが1億人を突破した。チャイナモバイルでは5Gユーザーが7000万人となり、6カ月前と比べて10倍に増加した」と伝えた。

エリクソンのデータによると、今年5Gを開始するユーザーは世界中で1億9000万人と見込まれており、この約半分を中国が占めることになるという。一方、韓国の5Gユーザーは約700万人、米国は約100万人だという。

フランスの調査会社イダテ(IDATE)社の専門家は、「中国の5G技術の進歩は予想以上の速さ。欧州や世界のその他の地域と比べると、中国は指導的な地位にある」としているという。

記事は、「万里の長城から高速鉄道、そして5Gまで、歴史的にも中国は大型のインフラ整備で広大な土地と多くの人口を結び付けてきた伝統がある。したがって、このアジアの巨人が5Gを産業政策の中心としたことは不思議ではない。中国は5Gを新型コロナ後の経済復興の便利な道具としているのだろう」と論じた。

その上で、「現在、中国の三大キャリアであるチャイナモバイル、チャイナユニコム、チャイナテレコムの3社は『戦闘状態』にあり、華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)の設備を使用して各地に5G基地を建設している」と紹介。中国工業情報化部のデータによると、中国はすでに25万基の5G基地を建設しており、年内には60万基にまで増やす予定だといい、記事は「これは欧州全体の5G基地(約40万基)を上回る」と指摘した。

記事は、「今のところ中国の5Gは、主にストリーミングメディアやオンラインゲームの分野で応用されているが、5G対応のスマートフォンの価格が下がるにつれ、この先数カ月で中国の『真の5Gユーザー』の比率はさらに増加するだろう」と結んだ。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング