Record China

ヘッドライン:

米企業の生活家電の満足度調査で韓国企業が上位を独占=韓国ネット「誇らしい」

配信日時:2020年7月27日(月) 15時20分
拡大
25日、韓国・聯合ニュースによると、米市場調査会社JDパワーが実施した生活家電消費者満足度調査で、韓国のサムスン電子とLG電子が全11部門の1位を独占した。写真はサムスンのテレビ。

2020年7月25日、韓国・聯合ニュースによると、米市場調査会社JDパワーが実施した生活家電消費者満足度調査で、韓国のサムスン電子とLG電子が全11部門の1位を独占した。

JDパワーは過去1年間に冷蔵庫、洗濯機、調理家電などを購入・使用した消費者を対象に調査を行った。サムスン電子は食器洗い機、レンジフード一体型電子レンジ、据え置き型コンロ、フレンチドア冷蔵庫、一般冷蔵庫、ドラム式洗濯機、全自動洗濯機、乾燥機の8部門で1位を獲得。昨年に続き今年も最多部門1位、総合1位に輝いた。

LG電子は観音開き冷蔵庫、ビルトインコンロ、ビルトインオーブンの3部門で1位となった。他の部門も2位や3位など、全て上位圏に入っている。

1986年に設立されたJDパワーは毎年、自動車、生活家電、ヘルスケアなどの分野で消費者満足度調査を行っている。生活家電は数千人の消費者が性能、価格、デザイン、サービスなどを総合的に評価している。

業界関係者は「サムスン電子とLG電子は世界の家電市場でツートップの地位を固めている」「マーケティングと研究・開発競争が世界中で高く評価される結果につながった」とコメントしているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「サムスン、LG、最高だね」「素晴らしい。誇りに思う」「生活家電は韓国です」「世界で1位、2位の家電をうちでも使っているんだな」など、喜びの声が多数寄せられている。

その他、「善意の競争だけをしてほしい。他社の製品にケチをつけず、自社の製品を良い物にすればいいんだ」「国内でも、もっと安く売ってくれたらいいのに」「家電はLGでしょ。なぜサムスンが1位なんだ?信頼できない機関の調査だ」などの意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング