米上院議員「中国領事館はスパイ網の中心だ」―仏メディア

Record China    2020年7月23日(木) 15時20分

拡大

22日、仏国際放送局RFI中国語版サイトは、米国のマルコ・ルビオ上院議員がヒューストンの中国総領事館について「スパイの中心」と発言したことを報じた。

2020年7月22日、仏国際放送局RFI中国語版サイトは、米国のマルコ・ルビオ上院議員がヒューストンの中国総領事館について「スパイの中心」と発言したことを報じた。

記事は、米政府が21日に突然同領事館を72時間以内に閉鎖するよう命令を下したと紹介。米国務省の報道官が「わが国の知的財産権を守るため」と説明し、中国の外交官が「駐在国内の内政に干渉してはならない義務を持つ」というウィーン条約の規定に反していると主張するとともに、「われわれは中国がわれわれの主権を侵し、わが国民を恐喝するような行為を容認しない。われわれは不公平な商業行為や米国の雇用を奪うといった行為も容認しない」と述べたことを伝えている。

そして、同上院議員が22日にツイッター上で同領事館について「外交機関ではなく、中国共産党が米国でスパイ活動や影響力拡大を図るためのネットワークの中心だ。今、その建物は閉鎖することになり、スパイたちは72時間以内に離れるか、逮捕されるかのどちらかになる。これは、起こす必要があったことだ」と発言したことを紹介した。

記事は、米司法省が21日に、2014~20年に中国人2人が米国企業のサイトに侵入してネットワークスパイ活動を行っていた疑いによる起訴状を発表したことを紹介。侵入先には新型コロナウイルス研究関連の企業も含まれていたとしている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携