Record China

ヘッドライン:

幼虫入り水道水でも飲める!?韓国政府の発表に韓国ネット「朝鮮戦争後なら理解できるけど…」

配信日時:2020年7月23日(木) 22時0分
拡大
22日、韓国・ニューシスは、水道水から幼虫が発見されたというニュースが世間を騒がす中、韓国政府が「危険性はなく飲める」と発表し、さらなる物議を醸していると報じた。資料写真。

2020年7月22日、韓国・ニューシスは、水道水から幼虫が発見されたというニュースが世間を騒がす中、韓国政府が「危険性はなく飲める」と発表し、さらなる物議を醸していると報じた。

記事によると、韓国環境部は、ユスリカの幼虫が発見された仁川地域の水道水は「飲用しても大きな問題はない」と発表した。「ユスリカの幼虫の危険性は明らかになっておらず、発生原因である粒状活性炭処理システムのプロセスも中断されている」というのが当局の立場だという。また、幼虫が発見された高度浄水処理場から出た水道水についても「発見からすぐ標準浄水処理工程へと転換したため水道水の安全には問題がない」と説明しているという。

しかし、水道水の専門家や市民団体は「少なくとも飲用は控える必要がある」と主張している。その根拠としては「ユスリカは工業用水としても使用できない汚水でも生息できるため、水質汚染の有無を確認できる指標種になる」こと、「ユスリカの幼虫は接触するとアレルギー性喘息、アトピー、鼻炎などを誘発する可能性がある」ことが挙げられているという。

現在、仁川市は万が一の安全に備え、ユスリカの幼虫が発生した水道水について「生活用水としては使えるが飲用は控えてほしい」と公示しているという。

これを受け、韓国のネット上では「いや、これを飲めっていうの?」「なら自分たちが飲んでみたら?」「現政権には専門家がいないの?」など大ブーイングが起こっている。

この他にも「朝鮮戦争直後の発言だったら理解できるけど…」「じゃ今日はユスリカご飯を炊こうかな」など皮肉交じりのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「サバが食卓から消える?」と韓国紙、日韓漁業交渉が難航、焦燥感募らす釜山の水産業界

韓国紙が「サバが韓国の食卓から消える?」と報じた。日韓漁業交渉が難航し、対馬沖など日本のEEZで韓国漁船が操業できなくなっているためで、特にサバを扱う大型巻き網漁船が集中する釜山の水産業界は焦燥感を募らせている。写真はサバ。

Record China
2018年8月25日 19時50分
続きを読む

サバの塩焼きで大気汚染が悪化!?韓国政府の発表に韓国ネット「今度はサバ税でも取るつもりか」「中国をかばうためにサバまで持ち出すとは…」

23日、密閉空間でサバを焼いた時に発生する微細粒子の濃度が、大気汚染情報における「非常に悪い」レベルの30倍近くに上ると韓国メディアが報じ、韓国のネットユーザーから大きな反響が寄せられている。写真は韓国の市場。

Record China
2016年5月23日 21時30分
続きを読む

ランキング