Record China

ヘッドライン:

ストーカー化する“サセンファン”恐怖の行動、注目の少年アイドル・TNTが生々しい動画公開

配信日時:2020年7月22日(水) 10時20分
拡大
中国のアイドルたちを悩ませる「私生飯」(サセンファン)の実態について、7人組アイドルグループ・TNT(時代少年団)の事務所が公開した生々しい動画が、ネットユーザーをざわつかせている。

中国のアイドルたちを悩ませる「私生飯」(サセンファン)の実態について、7人組アイドルグループ・TNT(時代少年団)の所属事務所が公開した生々しい動画が、ネットユーザーをざわつかせている。

芸能人の私生活にまで入り込むストーカーまがいのファンを、韓国では「私生活(サセンファル)を追い回す」の意味で「サセンファン」と呼ぶが、この文化が近年は中国にも流入し、私生飯と呼ばれる常軌を逸したファンの軍団を作り上げている。

人気ボーイズグループのTFBOYSの事務所の後輩で、7人組グループのTNTは「第2のTFBOYS」と注目される存在。練習生を経て昨年デビューしたばかりの14~17歳の少年たちだが、早くも私生飯に追い回され、日常をおびやかされている。今月11日、所属事務所ではエスカレートする私生飯の行動について、今後は定期的にその実態を公開していくと、TNTの中国版ツイッター・微博(ウェイボー)公式アカウントで宣言していたが、その第1弾と思われる動画が「跟小伙伴游玩的一天」のタイトルで15日に公開された。

この動画の趣旨は、メンバーたちの日常を追い、その素顔を見せるファンサービス的なものだが、あちこちに出没する私生飯の無軌道な行動も克明に記録している。車で追ってくる私生飯を振り切り、さらに車を2回も乗り換えて目的地に到着したのに、私生飯たちがすでに待機している様子などが見られ、さらにメンバーたちも、トイレにまで隠れている私生飯について、「もし凶器を持っていたらと思うと息が止まりそうになる」と語っている。

TFBOYSリーダーのワン・ジュンカイ(王俊凱)は、通っている学校にも私生飯が押し掛けることから、学校やほかの生徒に迷惑がかからないよう、まだ誰も行かないような早い時間に登校していたことを明かしている。動画で明らかにされる私生飯の犯罪まがいの行動は、「これではまともに生活できない」とネットユーザーをざわつかせており、動画を公開した事務所の行動について、一定の予防効果があるのではないかと支持する声も寄せられている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング