Record China

ヘッドライン:

アラサー女性がテーマのドラマ「三十而已」に話題集中!―中国

配信日時:2020年7月21日(火) 13時0分
拡大
ドラマ「三十而已(Nothing But Thirty)」は30歳の女性3人の視点からストーリーが展開し、都市で暮らす女性が30歳という重要な節目を迎えた時に感じる多くのプレッシャーが描かれている。
(1/5枚)

2014年にシンガーソングライターの趙雷(ジャオ・レイ)がリリースした曲「三十歳的女人(Thirty-year-old women)」の歌詞「どんなに容姿が美しくても年には勝てない。だから、心の拠り所となる人を見つけないと」は、アラサーの女性が直面している心の悩みをつづっている。そして、江疏影(ジャン・シューイン)、童瑶(トン・ヤオ)、毛暁●(マオ・シャオトン、●は丹へんに彡)が主演のドラマ「三十而已(Nothing But Thirty)」の放送がこのほど始まった。同ドラマは、30歳の女性3人の視点からストーリーが展開し、都市で暮らす女性が30歳という重要な節目を迎えた時に感じる多くのプレッシャーが描かれている。

その他の写真

3人の女性は、「専業主婦」、「結婚せずにキャリアを磨く女性」、「既婚でまだ子供のいない平凡な女性」とそれぞれ背景が異なり、現実の生活において、「現実を直視したくない」アラサーの女性の「理想の自分」と「現実の自分」を描き出している。

童瑶が演じる顧佳はもともとはキャリアウーマンだった専業主婦。夫と共に起業したものの、最初のもうけを手にした後、仕事をやめて専業主婦になった。そして、子供をエリートに育て上げようと心に誓い、名門幼稚園の「お受験」に子供を合格させるため、ありったけの知恵を絞りだしている。また、夫に近づいてくるさまざまな女性をめぐる問題に直面しても、問題の大小を見極めて、うまく処理していく。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、夫の仕事のサポートと子供の教育などをうまくこなす理想の女性・顧佳に学ぶ「顧学」という新しい「学問」が話題になり、ネットユーザーから3億件以上のメッセージが寄せられている。

江疏影演じる王漫▲(▲は女へんに尼)は、単身上海にやって来て8年、仕事にまい進する日々を送っている。両親には早く結婚するよう急かされているものの、キャリアを磨く道を貫いている。高級ブランドショップの店員として働く彼女は、客の心を掴むのに長け、男性客が支払いを終えるまでは、決定的な回答を与えぬままサービスに徹して言葉巧みに商品を選んで薦め、支払いを終えた後も相手のプライドを傷つけることなく、上手くかわしている。しかし、そんなあざとさは厳しい社会で生き残るためで、気丈に振る舞っていても、それは表面だけ。その仮面の裏にはそんな日々に疲れを感じている姿が隠されている。ある時、友人との集まりの席で彼女は、「街を歩いてて私の理想のタイプの男性を見つけたら、捕まえて連れてきて!次の日に、説得して結婚するわ!」と叫ぶ。30歳という節目を迎え、大都市で生き残るために必死に働いているものの、恋愛となると、やはり普通のかわいい女性に戻り、ピュアな理想を心に秘めているのだ。

毛暁●演じる鍾暁芹は、生まれも育ちも上海。王漫▲のように、仕事でキャリアを磨きたいという向上心はなく、仕事も結婚後の家庭も至ってノーマルな、多くの一般的な女性のタイプだ。夫はストレートな性格で、コミュニケーションも下手、唯一の趣味が魚の世話という男性だ。鍾暁芹は、猫の世話をしたり、ドラマを見たりして時間をつぶしている。そして、「あなたは魚の世話をし、私は猫の世話をする」という、ルームシェアのようで、ほとんど会話のない結婚生活も、「想定外の妊娠」によって一変する。それを知った夫が真っ先にした提案はなんと「中絶」。新しい命を授かった彼女はその時から自分を見つめ直し、夫の意に反して「産む」ことを決意。人生で初めて、自分で「離婚」という決断を下した。

「三十而已」を通して、今の時代に生きる女性の様々な側面を見ることもできる。「新人」として社会に出て、少しずつ大人の女性になり、いろんな問題や課題に直面し、それに伴い辛い思いをしたり、悩みを抱えたりしながらも、頑張り続けて成長、自立し、自分らしさを探し求める。経験することは十人十色であっても、「アラサーの女性」というグループ全体を見ると、その悩みの源は共通しているかもしれない。そのようなどこにでもいそうな人物設定が、多くの視聴者が共感を覚える理由となっている。

現在、公開されているドラマ情報を見ると、「女性群像」にスポットを当てて作品が10作品以上あり、ひところ一世を風靡した「大女主テーマ(1人の女性にスポットを当てたドラマ)」作品を超えている。また、ドラマや映画だけでなく、バラエティー市場でも、「ウーマンパワー」の発掘に注目が集まっており、「ウーマンバラエティー」の時代が幕を開けている。

「ウーマンバラエティー」とは、女性を主役としたバラエティーのことで、女性の視点から、女性の生活、仕事、恋愛、交際などの話題をめぐって議論を展開し、社会における女性の世界観、価値観、人生観などを映し出し、女性の視聴者をターゲットとして、製作されたバラエティー番組だ。

「我家那閨女(My Little One)」、「女児們的恋愛(Meeting Mr Right)」、「妻子的浪漫旅行(Viva La Romance)」、「青春有你(Youth With You) 2」、「創造101」、「乘風破浪的姐姐」などのタレントショー系のリアリティー番組が「ウーマンバラエティー」に属する。女性の社会的地位、経済的実力、消費能力などが向上し、インターネット主導の女性消費が高度化するにつれて、「女性の視聴者の心を捉えた者が市場を手にする」というのが、業界の基本的な共通の認識になっているため、女性という「宝の山」が発掘され続けている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング