Record China

ヘッドライン:

振込情報を誤送信の当時局長、規律違反の疑いで捜査されることに―中国メディア

配信日時:2020年7月21日(火) 15時20分
拡大
20日、中国紙・新聞晨報は、銀行振込の情報を誤送信した城管局の局長経験者が規律違反の疑いで捜査されていると伝えた。

2020年7月20日、中国紙・新聞晨報は、湖南省邵陽市新邵県の城市管理行政執法局長を務めた李紅衛(リー・ホンウエイ)氏が、規律と法律に違反した疑いで紀律調査と監察審査を受けていると伝えた。

きっかけは、19年3月18日に当時局長の李氏が30万元(約450万円)を親戚の銀行口座へ振り込んだ際、銀行からの確認メールをスクリーンショットした画像を誤って職場のグループチャットに送信したこと。この画像から、李氏の銀行口座には振込前の時点で56万元(約860万円)以上の残高があったことが分かる。

記者からの問いに対し李氏は、「口座のお金はすべて合法的な給与収入で、親戚間の正常なお金の工面だ。私のプライバシーを暴露した人に責任を追及する」と回答していたという。

「城管之家」というグループチャットには177人が参加しており、30万元は2回に分けて振り込まれていたそうだ。

李氏は誤送信した数分後に、「誤送信した」とグループチャットに投稿。しかしこれに誰も反応せず、1人だけ笑顔の絵文字で返信していた。関係者によると、李氏は今年6月18日午前に邵陽市規律委員会の関係者によって連行され、その後は職場に姿を現していない。

記事は李氏の略歴も紹介しており、具体的な日付けに関する説明はないが、「19年3月から局長の職に就いていない」としている。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

腐敗「新手口」を紹介=TV関係者はヤラセ報道と引き換えに収賄、自宅トイレを改造し6.3億円隠匿した者も―中国

中国では今も、さまざまな「腐敗行為」が紹介され続けている。中国紀検監察報は内モンゴル自治区で摘発された違反者のさまざまな「手口」を紹介した。写真はいわゆる「ヤラセ」報道で不正に金品を受け取る行為を続けていた内モンゴルテレビの趙春濤前局長。

Record China
2019年1月7日 7時30分
続きを読む

国際刑事警察機構、中国に説明要求=中国人総裁が帰国時に行方不明、取り調べか―仏メディア

6日、国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)総裁で中国公安部副部長(次官)の孟宏偉氏が中国へ一時帰国した後に行方不明となっている問題に関し、ICPOは、中国当局に孟氏の居場所について正式な説明を求めた。写真は孟氏。

Record China
2018年10月7日 11時20分
続きを読む

ランキング