Record China

ヘッドライン:

7月以来 洪水で2385万7000人被災

配信日時:2020年7月20日(月) 17時0分
拡大
7月以来、中国南部で発生している洪水は、江西省、安徽省、湖北省、湖南省、重慶市、貴州省など24の省(自治区、直轄市)の2385万7000人に被害をもたらしているということです。写真は武漢市。

中国応急管理部が19日発表したところによりますと、7月以来、中国南部で発生している洪水は、江西省、安徽省、湖北省、湖南省、重慶市、貴州省など24の省(自治区、直轄市)の2385万7000人に被害をもたらしているということです。31人が死亡・行方不明となり、203万9000人が緊急避難しました。

 統計によりますと、7月以来、洪水により、家屋1万6000棟が倒壊し、15万1000棟が損壊しました。また、247万8000ヘクタールの農作物が被害を受けました。直接的な経済損失は643億9000万元に上っています。ここ5年間の平均値と比べて、緊急避難者の数は53.6%上昇したものの、死亡・行方不明者数、倒壊した家屋の数、直接的な経済損失はそれぞれ82%、78.3%、5.9%減りました。

 国家水害干ばつ対策総指揮部と応急管理部は当日開催した会議で、洪水状況の分析・報告システムの完備、事前の救援準備、関連物資の保障、被災者の避難対応などを要求しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

香港破壊のたくらみは失敗に終わるだろう=香港各界

米国でいわゆる「香港自治法案」が成立したことについて、香港各界からは、これに強く反対し「香港の繁栄と香港特別行政区国家安全維持法を破壊しようとする米国のたくらみは、失敗に終わるだろう」と指摘する声が出ています。 香港特別行政区政府民政事務局の徐英偉局長は、「米国はいつも政治的な...

CRI online
2020年7月20日 14時40分
続きを読む

【真実の新疆】新疆職業技能教育養成センターの学生 酷刑と虐待で数人行方不明?真相を直撃!(動画)

米国務省が発表した「2019年国際宗教自由報告書」は「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」などが報道した個別の事件を引用して、職業技能教育養成センターの学生が酷刑と虐待を受け、数人が行方不明になっているとしています。しかし、記者が新疆ウイグル自治区で調査した際、これらの個別の事件...

CRI online
2020年7月19日 16時50分
続きを読む

ランキング