Record China

ヘッドライン:

「長江第2号洪水」が三峡ダムを滞りなく通過

配信日時:2020年7月20日(月) 16時55分
拡大
三峡ダムでは今年の増水期に入ってから、最大で毎秒6万1000立方メートルの流入量が記録されました。
(1/2枚)

三峡ダムでは今年の増水期に入ってから、最大で毎秒6万1000立方メートルの流入量が記録されました。しかし流入量は19日午後8時までに1秒当たり1万5000立方メートル減少して、毎秒4万6000立方メートルになりました。このことは、「長江2020年第2号洪水(増水)」が滞りなく三峡ダムを通過したことを意味します。

その他の写真

 三峡ダムでは上流からの流量増加をせき止めて下流の災害を防ぐため、貯水量の引き上げが実施されました。その結果、水位は19日午後8時時点でダム稼動以来の最高水位である163.11メートルを超える、164.18メートルに達しました。

 三峡ダムグループによりますと、今年は増水期に入ってから7月19日午後2時までに、ダムは増水を5回に渡りブロックし、せき止めた水量は累計で140億立方メートルに達しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

中国国民の中央政府への満足度90%以上に=ハーバード大学調査報告

この間、ハーバード大学行政大学院(ケネディ・スクール)の関係部門が発表した報告によりますと、2003年から調査を開始して以降、中国国民の政府への満足度はほぼ全面的に高まり、政府は圧倒的多数の民衆の支持を得ているということがわかりました。国家政策の影響から地方高官の行為まで、政府...

CRI online
2020年7月19日 15時5分
続きを読む

ランキング