Record China

ヘッドライン:

韓国のバラエティー番組が日本のゲームを盗作?「日本風家屋」にも批判の声

配信日時:2020年7月20日(月) 17時20分
拡大
20日、韓国・世界日報によると、韓国の人気プロデューサーが手掛ける新バラエティー番組「夏休み」に盗作疑惑が持ち上がった。

2020年7月20日、韓国・世界日報によると、韓国の人気プロデューサーが手掛ける新バラエティー番組「夏休み」に盗作疑惑が持ち上がった。

記事によると、17日からスタートした同番組は、韓国の俳優らが江原道の漁村にある家を借りて夏休みを送るという内容。しかし初回放送後、インターネット上には、ソニーのプレイステーション用ソフト「ぼくのなつやすみ」を盗用したと主張する声が広がったという。同ソフトは日本で2000年に発売された。1970年代の日本を背景に、夏休みを迎えた少女が田舎に行き、さまざまな経験をするというのが主な内容だ。

ネットユーザーは「タイトルだけでなく、主人公が田舎に行ってさまざまな経験をし、絵日記を書くという内容までそっくりだ」と主張している。さらに、番組内で俳優らが宿泊する施設についても「日本風の家屋だ」と指摘しているという。

これを受け、番組側は19日に公式インスタグラムで「当該ゲームについては知らず、全く参考にしていない」と疑惑を否定した。日本風家屋については「深く考えずに視聴者に不快な思いをさせてしまい申し訳なかった」と謝罪し、ドアや窓のリフォームを約束したという。

この記事に韓国のネットユーザーからは「ここまで似ているんだから知らなかったとの言い訳は無理だ」「タイトルも内容も酷似している。それに、番組側の言い訳が、中国の制作会社が韓国のコンテンツを盗用するときの言い訳と同じだという点も問題」「潔く認めて謝罪した方がいい」「ロイヤルティーを支払って堂々と放送するべき」「誰が見ても日本の家だ。制作チームの中にこの問題を指摘する人は1人もいなかったのか?」など、「盗作」とみて批判する声が続出している。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング