Record China

ヘッドライン:

白熱する芸能人のライブコマース、初参戦アンジェラベイビーが思わぬ惨敗「消費者なめている」

配信日時:2020年7月20日(月) 21時20分
拡大
ライブ配信を見ながら商品を購入するライブコマースに、今年は多くの芸能人が参戦して盛り上がる中、満を持して登場した女優のアンジェラベイビーが予想外の結果に終わったことが報じられている。

ライブ配信を見ながら商品を購入するライブコマースに、今年は多くの芸能人が参戦して盛り上がる中、満を持して登場した女優のアンジェラベイビー(楊穎)が予想外の結果に終わったことが報じられている。

ストリーム配信で商品のPRを見ながら、リアルタイムで商品を購入するライブコマースは近年、中国で大人気に。今年に入ってからは芸能人たちも、人気インフルエンサーのチャンネルにゲスト出演するなどして次々と参戦している。

18日、モデルで女優のアンジェラベイビーが自身のチャンネルで初めてライブコマースに参戦。高額の美容商品から手ごろな価格の食品や雑貨まで、幅広いジャンルの商品を紹介した。

「85後」(1985年以降生まれ)の4大女優の1人とされ、人気も影響力も高いアンジェラベイビーだけに、集客力で新記録を樹立するのではと期待されていたが、この日のライブ配信を見た瞬間最高視聴者数は32.5万人、累計では約1500万人で、商品の売り上げは988万元(約1億5000万円)どまり。今年5月、女優リウ・タオ(劉涛)は4時間で1億4800万元(約22億円)を売り上げ、視聴者数累計は2100万人に達したが、遠く及ばない数字となっている。

アンジェラベイビーの初参戦には、ユーザーおよび商品を販売したメーカーから不満の声が上がっている。ユーザーの投稿によると、配信中のアンジェラベイビーは商品の売れ行きでも見ていたのか、配信時間の80%はスマホを眺めていたとのこと。商品を熱心に紹介することも、司会者とトークを盛り上げることもなかったため、「態度が悪い」「自分が登場するだけで売れると思い、消費者をなめている」などと批判の声が上がっているが、ファンからは「まだ素人なので今後は改善できる」といった擁護の声も寄せられている。(Mathilda

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング