Record China

ヘッドライン:

冨安健洋がセリエA初得点、中国メディアも称賛「ミランの5000万ユーロGKも全く反応できず」

配信日時:2020年7月19日(日) 22時0分
拡大
サッカーのイタリア1部リーグ・セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋(21)が、セリエA初ゴールを決めたことが、中国でも注目されている。資料写真。

サッカーのイタリア1部リーグ・セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋(21)が、セリエA初ゴールを決めたことが、中国でも注目されている。

18日のアウェーのACミラン戦で、右サイドバックで先発した冨安は2点ビハインドの44分、エリア前右でパスを受けると、中央に切り込みながらマークをかわし、左足でゴール左上隅に豪快に突き刺した。

中国のスポーツメディアの体壇扒客は19日、冨安が放った「世界波(ワールドクラスの素晴らしいゴール)」を動画で紹介。ACミランの評価額5000万ユーロ(約61億円)の若きスターGKジャンルイジ・ドンナルンマ(21)でも「全く反応できなかった」と称賛した。

冨安については「今季、人々に深い印象を残している」とし、6月のユベントス戦でクリスティアーノ・ロナウド(35)とマッチアップし奮闘したことを紹介。「昨夏にボローニャに加入した際の移籍金は600万ユーロだったが、活躍とともに評価額も上昇している。名門クラブのローマが獲得に関心を示すと、ボローニャは移籍金として最低でも2500万ユーロを設定した」と伝えた。

中国SNSの微博(ウェイボー)では、冨安の「世界波」について、「ため息の出るような美しいゴール」「次々に新星が出る日本がうらやましい」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング