Record China

ヘッドライン:

高齢の母娘、エレベーターに4日間閉じ込められるも、互いの尿飲んで生き延びる―中国

配信日時:2020年7月19日(日) 21時20分
拡大
19日、江蘇都市網は、高齢の母娘がエレベーターに4日間閉じ込められたが、互いの尿を飲んで生き延びることができたと伝えた。

2020年7月19日、江蘇都市網は、高齢の母娘がエレベーターに4日間閉じ込められたが、互いの尿を飲んで生き延びることができたと伝えた。

記事によると、陝西省西安市でこのほど、82歳の母親と64歳の娘が4階建ての自宅のエレベーターに閉じ込められ、4日後にようやく救出され病院へ運ばれた。ほかの家族は出張で外出しており、自宅でこの母娘はエレベーターに乗って2階へ行き風呂に入ろうとした際に閉じ込められてしまったという。当時2人は携帯電話を持っていなかった。

西安高新病院の医師の説明によると、「母親が娘を踏み台にしてエレベーターの天井にある電灯を壊し、そこから針金を取り出してエレベーターのドアを少しこじ開けて、交代でそこから呼吸できるようにした」という。

医師はさらに「恐怖と飢えとのどの渇きの中、2人は生き延びるために水と食料が必要だと思い、話し合った結果、母親の尿を娘が手で受け取って飲み、娘の尿を母親が手で受け取って飲むことにした。こうすることで4日間持ちこたえた」と説明した。

この4日間、母娘は生き延びるためにエレベーターのドアを少しでも開けられるよう努力を続けたという。その結果、娘がドアの隙間から出ることに成功し、家族や管理会社、消防に連絡をして母親を救出することができた。

母親が病院へ運ばれてきた際には「極度の衰弱、脱水、眼球陥没、舌が痩せて薄くなる、唇の乾燥と亀裂」が見られたという。医師は「尿の主な成分が水分であることは誰でも知っている。毒素もあるとはいえ、一時的な生命維持に使用でき、この水分は非常に貴重だ。もしこの種の水分を摂取していなければ、この2人はこんなにも長く生きていられなかっただろう」と述べている。

医師の説明によると、母親は兵役の経験があり戦場に赴いた経験があるという。母娘はすでに回復して2人とも退院したという。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング