Record China

ヘッドライン:

香港で飼い猫が新型コロナ感染、ペットの感染4例目―中国メディア

配信日時:2020年7月19日(日) 16時20分
拡大
香港でこのほど、新型コロナウイルス感染が確認された飼い主が飼育していたペットの猫の感染が見つかった。資料写真。

中国のニュースサイト、環球網の18日付報道によると、香港でこのほど、新型コロナウイルス感染が確認された飼い主が飼育していたペットの猫の感染が見つかった。

香港政府の漁農自然護理署が17日夜に明らかにしたところによると、猫は雑種の短毛種で、10日に動物センターに送られ、連日、口、鼻、直腸、糞から検体を採取して検査したところ、13日に糞から採取した検体でウイルスの陽性反応が出た。その後はすべての検体が陰性で、猫は無症状という。

漁農自然護理署は「これまでのところ、ペットから人への感染を示す証拠はないが、引き続きこの猫の観察と検査を続ける」としている。

漁農自然護理署によると、香港で新型コロナウイルス感染が確認されたペットは今回で4例目になるという。3月31日には新型コロナウイルス感染が確認された飼い主が飼育していたペットの猫の感染が見つかっている。またそれ以前には、複数の検査で2匹の飼い犬が弱い陽性および陽性となっていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング