Record China

ヘッドライン:

三浦春馬さんと共演のジョセフ・チャンも悲しみ、台湾でサービス精神旺盛なエピソードの数々

配信日時:2020年7月19日(日) 12時0分
拡大
18日に死亡した俳優・三浦春馬さんの訃報は、幅広い世代で知名度の高かった台湾でも社会に衝撃を与え、台湾訪問時の優しい心遣いやサービス精神について台湾メディアが報じている。

18日に死亡した俳優・三浦春馬さんの訃報は、幅広い世代で知名度の高かった台湾でも社会に衝撃を与え、台湾訪問時の優しい心遣いやサービス精神について台湾メディアが報じている。

三浦春馬さんは、2014年に行定勲監督の日中合作映画「真夜中の五分前」に主演。クランクイン前に3カ月間にわたって中国語を特訓し、映画と演劇専門の名門大学・上海戯劇学院でも1カ月間学んでいた。この映画で共演した台湾の人気俳優ジョセフ・チャン(張孝全)は18日、台湾メディアの取材に対し、「驚きと悲しみしかない。彼はとても友好的で親しみやすい人。仕事への態度も非常に真面目だった」と短くコメント。撮影中、お互いの鍛えたボディを比べ合ったことなど、楽しい思い出ばかりが頭に浮かぶと語っている。

何度も台湾を公式訪問していた三浦春馬さんだが、関係者によると、台湾の人々をとにかく楽しませ、喜んでもらおうと毎回一生懸命で、流行語や最近の話題などを熱心に情報収集していたという。昨年は自身初となる海外でのファンミーティングを台湾に捧げている。

「真夜中の五分前」のPRで15年に訪問した際には、当時、ニュース番組のインタビューに大げさな表情で答えた一般人男性「泛舟哥」が大人気だったことから、コミカルなものまねを披露して大きな話題になった。台湾北部・基隆市の林右昌市長の若い頃の写真が三浦さんそっくりと評判になったことや、会話の合間に英語のフレーズを多用する「晶晶體」が話題になった時も、それを早速取り入れ、サービス精神に溢れた一面を披露してきた。

台湾訪問中の三浦春馬さんについて、記者の1人によると、大物スターという威圧感を全く感じさせない普通の好青年で、記者とも肩を並べて座り、「英語の勉強が難しい」などといったとりとめのないトークを交わしたとのこと。湿度の高い台湾で汗だくになりながらも、優しい笑顔を絶やさない三浦さんの姿が非常に印象的だったと語っている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング