Record China

ヘッドライン:

2020上半期の芸能界重大ニュース発表、「227事件」シャオ・ジャンやSHOWの女性トラブル

配信日時:2020年7月18日(土) 12時20分
拡大
上半期に中国の芸能界で起こった重大事件について、捜狐(SOHU)がネット上の反響や世間への影響をもとに作表したものを報道。歌手で俳優シャオ・ジャンの「227事件」などが挙がっている。

2020年上半期に中国の芸能界で起こった重大事件について、ニュースサイトの捜狐(SOHU)がネット上の反響や世間への影響をもとに作表したものを報道。歌手で俳優シャオ・ジャン(肖戦)の「227事件」や台湾の歌手SHOW(ショウ・ルオ/羅志祥)の女性トラブルなどが挙がっている。

今年の上半期に芸能界を揺るがせた事件として、最も大きいのはやはり新型コロナウイルスの感染拡大となった。本格的に影響が出始めたのは1月末のことで、春節(旧正月)公開の映画が一斉に上映中止になった直後、今度は映画館が全面閉鎖に。各地の撮影基地も封鎖され、映画やドラマの制作、芸能人の活動にも多大なる影響を及ぼした。

続いて注目を集めたのは、ドラマ「陳情令」で昨年大ブレークしたシャオ・ジャンの「227事件」または「AO3事件」と呼ばれるトラブルだった。これは、同人小説のプラットフォーム「AO3」の投稿小説の内容をめぐり、シャオ・ジャンの熱狂的なファンが抗議したことがヒステリックな集団行動へと発展し、中国政府のネット検閲システムまで動かした。ファンの異常行動がシャオ・ジャン自身への非難やボイコットにまでつながり、5カ月を経ても収束していない。

シャオ・ジャンの騒動からネットユーザーの目を一気に奪ったのが、歌手SHOWのスキャンダルだった。4月、SHOWと長年交際していた網紅(オンラインセレブリティ)の女性が、破局と同時に交際中の数々の女性問題をさらけ出した。事務所の後輩タレントをはじめ数多くの女性と関係を持っていたと暴露したことが、重大なイメージダウンにつながった。

さらに5月から7月にかけて、男性歌手トン・チュオ(仝卓)の大学入試にまつわる発言と、それに続く動きが注目の的に。過去に入試で失敗して志望大学に入れず、1年浪人したトン・チュオは、志望校が現役生しか受け入れないため“ある方法”を使って再び挑んだが不合格だったことを、ネットのライブ配信中に語ったのが発端だった。トン・チュオが卒業した中央戯劇学院では学籍と学位を抹消。また、トン・チュオの父親が山西省政府の幹部の1人だったため、“ある方法”のからくりについて、連日、報道が過熱した。(Mathilda

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング