Record China

ヘッドライン:

日本の1房130万円の高級ブドウに中国ネットもびっくり=「私の一生分のブドウが買えそう」

配信日時:2020年7月19日(日) 18時40分
拡大
16日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、日本の高級ブドウに1房130万円の値が付いたと伝えた。

2020年7月16日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、日本の高級ブドウに1房130万円の値が付いたと伝えた。

記事は、16日に石川県金沢市中央卸売市場で行われた高級ブドウ「ルビーロマン」の初競りで、1房130万円の値が付き過去最高値を記録したと紹介した。

記事によると、この初競りでは農家5軒から100房のルビーロマンが競りにかけられ、最高値を付けたのは「特秀Gクラス」というランクだったという。

記事は「競り落としに成功したのは県内で3旅館を経営する百楽荘。百楽荘は1粒ずつ無料で宿泊客に提供する予定だ」と伝えた。

このニュースに対し、中国のネットユーザーから「これは常軌を逸した高さ」「これは高すぎるだろう。結局のところブドウだろ?」「こんなに高いなんていったいどれだけおいしいのだろう」など、驚きを示すコメントが多く寄せられた。

また、「日本ってこういう自己満足の競売を楽しむよね」「これって誰も買わなかったらどうするんだろう」「これは金持ちのもの。われわれは見ているだけでいい」「130万円も出したら私の一生分のブドウが買えそうだ」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング