Record China

ヘッドライン:

中国で実写化の映画「陰陽師」、俳優ドン・ルン「3日間の水断ち」に驚きの声も

配信日時:2020年7月17日(金) 22時0分
拡大
作家で映画監督のグオ・ジンミンが日本の人気小説「陰陽師」を実写化する中国映画「晴雅集」および「瀧夜曲」で、俳優のドン・ルンが肉体美にこだわり3日間も水断ちして撮影に臨んだと報じられている。

作家で映画監督のグオ・ジンミン(郭敬明)が日本の人気小説「陰陽師」を実写化する中国映画「晴雅集」および「瀧夜曲」で、俳優のドン・ルン(●倫、●は「登」におおざと)が肉体美にこだわり3日間も水断ちして撮影に臨んだと報じられている。

ドラマ「永遠の桃花~三生三世」で麗しい古装姿が賞賛された台湾の俳優マーク・チャオ(趙又廷)が安倍晴明を、ドラマ「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」などで知られるドン・ルンが相棒の源博雅を演じる「晴雅集」と「瀧夜曲」は、昨年製作が発表された話題作。新型コロナウイルスの影響で今年2月には撮影を中断していたが、その後再開され、4月下旬にクランクアップしている。

グオ・ジンミン監督によると、出演者の中で最もアクションシーンが多かったのは、これが映画初出演となるドン・ルンだった。遅れを取り戻すため、再開後は急ピッチで作業が進められ、1日15時間以上の撮影が続いたことも。また、アクションシーンでは1日中ずっと上半身裸でいることが1週間も続き、体をつり下げるワイヤーが食い込んで出血することもあったという。

さらにドン・ルンは、より美しい筋肉のラインを見せるため、一時は3日間も水分を断って撮影に臨んだという。これはグオ・ジンミン監督も後で知ったそうで、感動とともに心が痛んだことをインタビューで明かしている。

水分補給を断つと脱水状態となって体へのダメージは大きく、場合によっては生命をおびやかす危険もある。このためドン・ルンのファンからは、「あまり完璧にこだわりすぎないで」「ファンのためにも身の安全を第一に」「その後、体に影響がなかったか気になる」といった心配の声が上がっている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング