Record China

ヘッドライン:

朝鮮戦争の英雄でも「親日派」、「再びあらわになった理念の亀裂」と韓国紙

配信日時:2020年7月18日(土) 13時20分
拡大
朝鮮戦争の英雄として知られる白善ヨプ氏の死後、韓国で論争が巻き起こっている。白氏は「親日派」と断罪された経緯があり、韓国紙は「再びあらわになった理念の亀裂」と報じた。写真は韓国国旗。

朝鮮戦争の英雄として知られ、10日に99歳で死去した白善ヨプ氏をめぐり、韓国で論争が巻き起こっている。白氏は日本統治時代の旧満州国軍の将校で2009年に「親日反民族行為者」と公式に断罪された。ソウルの国立墓地への埋葬は見送られ、韓国紙は「再びあらわになった理念の亀裂」と報じた。

1920年11月、平安南道江西郡で生まれた白氏は、波乱万丈の韓国現代史に特異な人生の軌跡を残した。1940年、旧満洲の奉天軍官学校の9期として入校し、朝鮮人特殊部隊の将校になった。1950年6月、朝鮮戦争が起きると、国軍第1師団幹部として洛東江の「多富洞の戦い」などで功績を挙げ、10月には米韓両国軍を合わせて最初に平壌に入城した。

1953年1月、32歳で韓国陸軍初の大将に昇進。陸軍参謀総長などを歴任した後、退役し、駐カナダ大使や朴正煕政権の交通部長官などを務めたが、満州時代の経歴から朴元大統領らとともに廬武鉉政権下で「反民族特別法」によって発表された親日人名辞典に日本の韓国植民地統治に協力した親日派としてリストアップされた。

朝鮮日報などによると、白氏に関して韓国政府は朝鮮戦争の戦死者が眠る国立ソウル顕忠院への埋葬を「場所がない」との理由で断念。埋葬地は国立大田顕忠院に決まった。

同紙は社説で「白将軍がいなければ、今日われわれが享受している自由と平和と繁栄はなかったし、大韓民国そのものが存在しなかっただろう」と指摘。「偉大な護国元老が自ら命懸けで守り抜いた祖国から晩年に受けた仕打ちを考えると、惨たんたる思いがするどころか信じられないほどだ」と韓国政府を非難した。

これに対し、左派系の正義党報道官は「白氏は日本が朝鮮独立軍部隊を討伐するために設立した間島特設隊に属し、独立運動家を弾圧した張本人」だとして、顕忠院の埋葬自体に反対した。左派系団体からは「白将軍が行くべきところは顕忠院ではなく靖国神社」という発言まで出ているという。

ハンギョレ新聞は「白氏をめぐるこのような認識の差は、大韓民国の正統性を1945年8月の“解放”と大韓民国臨時政府に見出そうとする勢力と、韓国単独政府樹立に向かった李承晩元大統領の決断とその成果物である1948年8月の“建国”に置こうとする勢力の間の対立を反映するものでもある」と言及。文在寅政権の与党側の一部が「親日派破墓」などの内容を盛り込んだ国立墓地法改正案の可決に強い意欲を見せていることなどから、「議論は白氏の死後にも容易には収まらないと予想される」と伝えた。(編集/日向)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング