Record China

ヘッドライン:

サムスン電子、2028年の6G商用化へ、技術開発「本格的に」着手―中国メディア

配信日時:2020年7月15日(水) 19時40分
拡大
中国のニュースサイト、環球網は14日、韓国のサムスン電子について、「第6世代移動通信システム(6G)の2028年の商用化に向けて、同社は今年、技術開発に『本格的に』着手する」と報じた。資料写真。

中国のニュースサイト、環球網は14日、韓国サムスン電子について、「第6世代移動通信システム(6G)の2028年の商用化に向けて、同社は今年、技術開発に『本格的に』着手する」と報じた。

記事は、「海外メディアの14日付報道によると、サムスン電子はこのほど公表した白書で、6Gの技術開発に『本格的に』着手し、早ければ28年にも商用化を実現し、30年に主流としたい意向を明らかにした」と報じた。

記事によると、サムスンは、電気通信分野における国際連合の専門機関である国際電気通信連合(ITU)の無線通信部門(ITU-R)が21年に6G通信のビジョンを定義する作業を開始することを期待している。

白書では、「2Gから5Gへと世代を重ねるごとに、技術標準の定義と制定に費やす時間は短縮されている。3Gの定義には15年、5Gには8年かかった。この加速傾向は6Gまで続く」とし、「6Gのビジョンは、新しい次元の超接続経験を生活の隅々にもたらすことになる」としている。

白書ではまた、真の没入型拡張現実、高忠実度のモバイルホログラム、デジタル複製などの6Gサービスを実現するために、パフォーマンス、アーキテクチャ、信頼性の三つの要件を定義している。

サムスンによると、6Gでは、最大転送速度1000Gbpsが実現し、既存の5Gと比べて50倍速くなり、無線遅延時間も10分の1に減少する。

6Gのパフォーマンスとアーキテクチャの要件には、モバイルデバイスの制限された計算機能を克服するためのネットワーク設計の最適化や、新しいネットワークエンティティーの柔軟な統合の有効化、技術開発の初期段階からの人工知能(AI)の活用が含まれる。

サムスンリサーチのチェ・ソンヒョン氏は、「5Gの商用化はまだ初期段階にあるが、6Gの準備を始めるのに早すぎることは決してない」と話している。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「5G」はもう遅い?日米中韓で「6G」開発競争勃発=韓国ネット「5Gすらままならないのに」

6日、韓国・朝鮮ビスによると、今年、韓国や中国、米国などで次世代通信技術「5G」の商用サービスが開始されたが、すでに「6G」の研究開発競争が始まっている。写真は中国で開催されたサムスンの5Gスマートフォンに関するイベント。

Record China
2019年11月9日 12時10分
続きを読む

韓国が6Gでも「世界初」を実現?SKテレコムがサムスンなどと共同研究開始=韓国ネット「ワクワクする」「まずは5Gの問題を解決して」

18日、韓国・マネートゥデイなどによると、韓国のSKテレコムがノキア、エリクソンに続きサムスン電子と、5Gの高度化と6Gの進化に向けた共同技術研究を開始する。写真はSKテレコムのショップ。

Record China
2019年6月18日 22時40分
続きを読む

ランキング