Record China

ヘッドライン:

「瓔珞<エイラク>」で再ブレークのチン・ラン、「私の子宮」発言に「さすがは皇后」の声

配信日時:2020年7月15日(水) 20時30分
拡大
中国の女優チン・ラン(秦嵐)がこのほど、メディアのインタビューで語った結婚観がネット上で話題になり、報道記事には4万件を超えるコメントが寄せられている。

中国の女優チン・ラン(秦嵐)がこのほど、メディアのインタビューで語った結婚観がネット上で話題になり、報道記事には4万件を超えるコメントが寄せられている。

今月40歳の誕生日を迎えるチン・ランは、2018年に社会現象化する人気となった時代劇ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」で、自分付きの侍女になったヒロイン・瓔珞を優しく、時には厳しく教え導く皇后役を好演。これをきっかけに再ブレークを果たした。

このほどメディアのインタビューで、40歳を迎える心境を語ったチン・ランだが、恋愛および結婚観について「仕事と同じく、自然の流れに任せて強く求めない」とコメント。結婚については、これまで何度も周囲から勧められたことがあるといい、「結婚しないのは無責任と言われたけれど、理解できない。結婚のために結婚することこそ無責任だと思う」と語り、「子どもを産むのは義務」という今も根強い通念に対して、「私が私の子宮を使うかどうか、あなたには関係ないと言いたい」と強く言い放っている。

この言葉がネット上で話題になり、「自分を肯定する正しい考え」「こう言える自信を持てることがすばらしい」「さすがは賢明な皇后」「中国ではまだまだ上の世代が結婚を押し付けてくるが、時代の変化を少しは理解すべきだ」など、ニュースサイト・新浪(SINA)の記事コメント欄はチン・ランを支持する声が圧倒的多数で、4万件を超えるコメントが寄せられている。

なお、ニュースサイトの網易(Net Ease)ではアンケート調査を実施しており、15日の時点で「言葉は強いが説得力がある。チン・ランの価値観を支持する」が60.2%、「言葉が過激すぎる。多くの人がチン・ランほどの自信を持てるわけではない」が39.8%となっている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング