Record China

ヘッドライン:

中国が改良型052Dを初公開、新レーダーはステルス戦闘機も捕捉―米華字メディア

配信日時:2020年7月15日(水) 15時20分
拡大
14日、米華字メディア多維新聞は、中国海軍の改良型052D型駆逐艦が初めて公開されたと報じた。写真は052D。

2020年7月14日、米華字メディア多維新聞は、中国海軍の改良型052D型駆逐艦が初めて公開されたと報じた。

記事は、中国中央テレビ(CCTV)の軍事番組で流された映像資料の中で、東シナ海艦隊の駆逐艦大隊が先日実施した実践演習の様子が紹介され、改良型の052D型駆逐艦「淄博」号の姿が初めて映されたと紹介。同号は演習の中で防空、ミサイル防衛、水上艦艇の攻撃、対潜合同作戦などに参加したと伝えた。

そして、中国の軍事専門家・房兵曽(ファン・ビン)氏が以前に改良型052D型駆逐艦について、米海軍のアーレイ・バーク級駆逐艦よりサイズは小さい一方で、後発の優位性を生かして先進的なレーダーやミサイル装備を持っているとしたほか、ステルス設計でも優れていると評したことを紹介した。

また、米軍事メディア・ディフェンスワールドも先日「新型のミリ波レーダーを配備しており、ステルス型戦闘機の探知が可能だ。また、長いヘリコプター用甲板を持っているため、艦載用のZ-20汎用ヘリコプターを収容できる」と報じたとしている。

記事はZ-20汎用ヘリについて、2019年10月の中国共産党70周年軍事パレードで公開され、昼夜や天候を問わず着陸や輸送などさまざまな任務をこなすことができるほか、コックピットの視野が良好であることから、軍艦の狭い甲板でも着陸しやすいメリットがあると紹介した。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング