Record China

ヘッドライン:

日本のODAが欲しかった中国、経済成長と尖閣問題で韓国に接近―韓国紙

配信日時:2014年1月21日(火) 15時27分
拡大
20日、韓国紙・中央日報は、19日に中国・ハルピン市でオープンした安重根記念館の建設の裏に、日中韓3国の複雑な外交史が隠れていると伝えた。写真はハルビン駅の安重根記念館。
(1/2枚)

2014年1月20日、韓国紙・中央日報中国語版サイトは、中国・黒竜江省ハルピン市に19日オープンした安重根(アン・ジュングン)記念館について、その裏に日中韓3国の複雑な外交史が隠れていると伝えた。

その他の写真

韓国政府が中国政府に対して初めて安重根の記念碑を建てることを打診したのは、2006年のことだった。中国も韓国も日本帝国主義に侵略された過去を持つが、当時の中国政府は日本との関係を考慮し、韓国側の要求を断った。経済発展に力を入れたい中国にとって、日本政府の差し出す巨額の政府開発援助(ODA)は魅力的であり、日本の顔色をうかがう必要があった。

このため、安重根の追悼活動は主に韓国の民間人によって行われていた。2006年、韓国人企業家と安重根義士崇仰会がハルピン市の中心に高さ4.5mの安重根の銅像を建てた。韓国人企業家が同市に個人で投資したデパートの敷地内に建てた銅像だったが、中国政府は「外国人の銅像を建ててはならない」との理由で、銅像の撤去を命じた。この銅像はその後まもなく同敷地内のデパート内に移され、2009年の安重根義士追悼100周年記念で韓国に戻り、国会で臨時展示された。

日中関係が転機を迎えたのは2009〜2010年。この時期、中国経済は急成長を遂げ、日本を追い抜き世界第2位の経済大国となった。同時に、日中間の領土問題が浮上。2010年9月に中国の漁船が尖閣諸島沖で日本の海上保安庁の巡視船に衝突したことから、北東アジアのパワーバランスを保つために中国は韓国に接近する必要があった。さらに米国のアジア重視政策は中国にとって常に大きな圧力になっていたのである。

ハルピン駅構内に安重根の石碑の建設すら拒んでいた中国が、朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪中後、わずか7カ月で記念館をオープンさせた理由がここにあるのだ。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

アジアで孤立した韓国と中国=侵略の被害受けた東南アジアまで日本支持に―韓国紙

2日、韓国紙・朝鮮日報中国語版は記事「日本はなぜ過去36年間にわたり、一貫して東南アジアに好意を示してきたのか」を掲載した。韓国や中国と同じ、日本の侵略の被害を受けた東南アジア諸国まで日本支持に回ったことを衝撃と評している。写真はマニラ。

Record China
2013年12月4日 14時4分
続きを読む

ランキング