Record China

ヘッドライン:

日本のホームレスが「物乞い」をしない 3つの理由―日本華字紙

配信日時:2014年1月21日(火) 0時37分
拡大
20日、華字紙・日本新華僑報はこのほど、「日本ではなぜ乞食を見かけることが少ないのか」と題する記事を掲載した。資料写真。
(1/2枚)

2014年1月20日、華字紙・日本新華僑報はこのほど、「日本ではなぜ乞食を見かけることが少ないのか」と題する記事を掲載した。以下はその概要。

その他の写真

統計によると、東京には2000人余りのホームレスが存在する。昨年夏、江戸川の橋の下でホームレスの「家」を見た。ここなら雨をしのげ、川の水で体を洗うこともできる。彼らの「家」は一般的にブルーシートで作られている。中にはベッドや炊飯器があり、どこからか拾ってきたであろう発電機まであった。

普段、彼らは駅のごみ箱や電車内から乗客が捨てた雑誌を拾う。夕刻になると、それらの雑誌を集め、駅の近くで露店を開く。警察も見て見ぬふりをしている。彼らのほとんどが、中年または老人だ。以前はホワイトカラー、もしくは個人経営店の社長だったかもしれない。さまざまな原因から、最後にはホームレス生活を選んだ。ある老人は、「1年間ホームレスとして過ごした人は2度と仕事をしたくなくなる。なぜなら目覚まし時計のない生活が幸せだから」と話す。

日本には貧しい人のために「生活保護」という制度があり、東京では毎月12万円ほどが受け取れるが、多くのホームレスは受け取りを拒んでいる。彼らは「自分の生計は自分で立てる」ことが人としての尊厳だと感じているからだ。

日本で、物乞いをする乞食を見ることはほとんどない。慶応大学社会学部の島田教授に「日本のホームレスは、なぜ物乞いをしないのですか?」と尋ねると、「第1に、日本人は極端なまでの羞恥心を持っており、たとえ餓死しても施しを請うことはない。第2に、労せずに物を手に入れる人は、日本では最も軽蔑されるから。第3に、日本の伝統的な武士道文化の中には、『武士は食わねど高楊枝』の理念があるから」と答えてくれた。(翻訳・編集/北田

関連記事

オシャレすぎる物乞い!日収1万円以上も―中国

スーツにネクタイをし、頭は赤く染められたモヒカン。足元には各航空会社のステッカーが張り詰められたスーツケース。この男性はなんと中国全土を飛行機で駆け回って物乞いをしている「オシャレな乞食」なのだ。

Record China
2012年2月29日 11時1分
続きを読む

あちゃ!乞食の8割は「やらせ」、当局が市民に注意を呼び掛け―湖北省武漢市

17日、「街で見かける乞食の8割はやらせ」―湖北省武漢市でホームレスの支援活動を行う救助管理センターが、市民に「騙されないよう」注意を促した。写真は「史上最強の乞食」として有名な山東省済南市の夏さん。元優等生の彼は2か国語で物乞いをする。

Record China
2009年7月17日 22時48分
続きを読む

ランキング