日本、不買運動でも対韓国貿易収支で黒字維持=韓国ネット落胆「嘆かわしい」

Record China    2020年7月21日(火) 7時20分

拡大

20日、韓国・YTNなどは、新型コロナウイルス感染拡大による世界経済の停滞の影響で日本の貿易収支が3カ月連続の赤字を記録したと報じた。写真はレクサス。

2020年7月20日、韓国・YTNなどは、新型コロナウイルス感染拡大による世界経済の停滞の影響で日本の貿易収支が3カ月連続の赤字を記録したと報じた。

財務省が発表した6月の貿易統計によると、輸出額は昨年同月比26.2%減の4兆8620億円、輸入額は14.4%減の5兆1309億円となった。貿易収支は2688億円の赤字で、新型コロナウイルス感染が世界的に拡大した4月から3カ月連続の赤字となった。

地域別では米国への輸出が46.6%減少し11カ月連続の減少となったが、中国への輸出は0.2%の減少にとどまった。韓国への輸出は15.1%減少した3506億円、輸入は15.8%減少した2110億円で、1395億円の黒字となった。ただ、黒字幅は昨年同月より13.9%減少した。

この記事に韓国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。

昨年7月から続く日本製品不買運動を念頭に「まだまだ足りない証拠」「日本はまだ韓国を相手に毎月数千億の黒字を出し、利益を得ているのか」「韓国との貿易では黒字を出し続けていることが嘆かわしい」「国民は頑張っているけど、企業にはどうしても必要なものがあるのだろう」などと嘆く声が続出している。

また、「不買運動の対象範囲をもっと拡大させないと」「頼むからレクサス、トヨタには乗らないで」と訴える声や、「正直、自動車とバイクとニンテンドーの壁は超えられない」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携