Record China

ヘッドライン:

文大統領がソウル市長死去に弔意「とても衝撃的」「長い縁築いてきた」

配信日時:2020年7月11日(土) 12時40分
拡大
10日、韓国・聯合ニュースによると、同国の文在寅大統領は、朴元淳ソウル市長の訃報に接し、「とても衝撃的」と悼んだ。盧英敏大統領秘書室長が同日、明らかにした。

2020年7月10日、韓国・聯合ニュースによると、同国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の訃報に接し、「とても衝撃的」と悼んだ。盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長が同日、明らかにした。

ノ室長はこの日、ソウル大学病院の遺体安置所を弔問した後、報道陣の取材に応じ、文大統領が「朴市長とは司法研修院時代から長い縁を築いてきた。とても衝撃だ」と述べたことを明かした。ノ室長はこれを朴市長の遺族にも伝えたという。また文大統領は、遺体安置所に弔花を贈った。

文大統領と朴市長は共に弁護士出身。2人は1980年の司法試験に合格し、82年に司法研修院(12期)を修了した同期。

朴市長は9日午前に公邸を出たまま行方が分からなくなり、娘の通報を受けて警察や消防が捜索。10日午前0時過ぎにソウル北部の山中で遺体で発見された。韓国のネットユーザーからは、「正直、私も衝撃的だった」「私はソウル市民ではないが、朴市長の死は切ない。冥福を祈る」「いつもソウル市民の一人として応援していたのに…」などと改めて驚きと悲しみが広がっている。

また、朴市長は元女性秘書にセクハラ被害で訴えられており、ネットユーザーからは「生前の疑惑の解明は避けられない」と究明を求める声も上がっている。ソウル市からは10日、朴市長の遺書が公開されたが、ネットユーザーの一人は「疑惑に関する言及がなかったのは残念だ」とのコメントを寄せた。(翻訳・編集/関)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング